[スポンサーリンク]


2016年 9月 13日

  1. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

    クルト・ヴュートリッヒ(Kurt Wüthrich, 1938年10月4日–)は、スイス出身の化学者。米スクリプス研究所教授。2002年に「生体高分子の同定・構造解析手法の開発」の成果にてノーベル化学賞を受賞。 (さらに&helli…

  2. Essential Reagents for Organic Synthesis

    内容From Boron Trifluoride to Zinc, the 52 most wi…

  3. 有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位

    シグマトロピー転位は、π 結合の移動にともなって、それと超共役していた σ 結合の位置がトロピー (…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2019年ケムステ人気記事ランキング
  2. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発
  3. 冬虫夏草由来の画期的新薬がこん平さんを救う?ーFTY720
  4. 死刑囚によるVXガスに関する論文が掲載される
  5. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  6. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】
  7. パクリタキセル(タキソール) paclitaxel(TAXOL)

注目情報

最新記事

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

PAGE TOP