[スポンサーリンク]


2016年 9月 13日

  1. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

    クルト・ヴュートリッヒ(Kurt Wüthrich, 1938年10月4日–)は、スイス出身の化学者。米スクリプス研究所教授。2002年に「生体高分子の同定・構造解析手法の開発」の成果にてノーベル化学賞を受賞。 (さらに&helli…

  2. Essential Reagents for Organic Synthesis

    内容From Boron Trifluoride to Zinc, the 52 most wi…

  3. 有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位

    シグマトロピー転位は、π 結合の移動にともなって、それと超共役していた σ 結合の位置がトロピー (…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 狙いを定めて、炭素-フッ素結合の変換!~光触媒とスズの協働作用~
  2. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!
  3. 大阪・池田 リチウム電池の実験中に爆発事故
  4. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?
  5. 光化学フロンティア:未来材料を生む有機光化学の基礎
  6. ヨウ化サマリウム(II) Samarium(II) Iodide SmI2
  7. 三井化学が進める異業種との協業

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2022年8月号:二酸化炭素・アリル銅中間体・遺伝子治療・Phaeosphaeride・(−)-11-O-Debenzoyltashironin・(−)-Bilobalide

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年8月号がオンライン公開されました。筆…

生体分子と疾患のビッグデータから治療標的分子を高精度で予測するAIを開発

第 408 回のスポットライトリサーチは、九州工業大学 情報工学府 博士後期課程…

尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜

皆さん、尿酸値は気にしてますか? ご存知の通り、ビールやお肉に豊富に含まれるプリ…

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

PAGE TOP