[スポンサーリンク]

医薬品

塩化ラジウム223

塩化ラジウム223(Radium-223 chloride)は、ラジウム223の塩化物でα崩壊を起こす。α線を用いた癌治療薬となっていて商品名は、ゾーフィゴ(Xofigo)である。

分子特性

ラジウムは第二族元素でありその塩化物、塩化ラジウムは白色固体で、加熱すると青緑色の蛍光を発する。水には溶解しにくく濃塩酸にはほとんど解けない。半減期11.43日で崩壊しラドン219となる。

img_checked01

崩壊エネルギーの95%をα線として放出することがこの化合物の最大の特徴であり、存在していたβ線を放出する薬(ヨウ化ナトリウム131)とは異なる点である。α線は、透過力が弱く体内では、0.1ミリ未満しか飛ばないため、正常な細胞へのダメージが少ないとされる。カルシウムのように骨に集まりやすい性質があり一種の前立腺がんに対して効果が認めれている。実際の治療では、一か月ごと6回の注射によって体内に入れられる。

合成方法

ラジウム223が作られるには、2ルート存在し、一つは天然に存在するであるRa226に中性子を照射し、Ra227を生成させる。Ra227は半減期42.2分でRn223になり、Rn223は半減期23.2分でFr223になる。そしてFr223は、半減期22分でRa223になる。もう一方のルートは、天然に存在するAt227は半減期21.7年でTh227になり、Th227は、18.72日でRa223となる。このようにして生成したRa223を抽出などの操作によって精製し薬にする。材料の輸出入の規制が厳しく日本では製造することができないため、ゾーフィゴは輸入製剤である。価格も一回684,930 円と非常に高価である。

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. アルゴン (argon; Ar)
  2. グルコース (glucose)
  3. ククルビットウリル Cucurbituril
  4. アピオース apiose
  5. アントシアニン / anthocyanin
  6. アコニチン (aconitine)
  7. カルボラン carborane
  8. カリックスアレーン /calixarene

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マッテソン反応 Matteson Reaction
  2. 原子間力顕微鏡 Atomic Force Microscope (AFM)
  3. U≡N結合、合成さる
  4. 免疫応答のシグナル伝達を遮断する新規な免疫抑制剤CPYPP
  5. ヒドロシリル化反応 Hydrosilylation
  6. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling
  7. 大村智 ー2億人を病魔から守った化学者
  8. フィッシャー インドール合成 Fischer Indole Synthesis
  9. ハリー・グレイ Harry B. Gray
  10. 科学は夢!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2015

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

文献管理ソフトを徹底比較!

今や、科学者向けの文献管理ソフトはよりどりみどりだ。その中から代表的な8つを検討した。タイト…

君はPHOZONを知っているか?

唐突ですがスマホでゲームやりますか?筆者はファミコン世代ということもあり、様々なゲームをやってき…

ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II

ゴードン会議の参加体験記とボストン周辺の滞在記について書いています。さて、前回のPart I…

ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

システイン(Cysteine, Cys)を標的とするタンパク質修飾法はその信頼性から盛んに用いられて…

ACSで無料公開できるかも?論文をオープンにしよう

科学のオープン化推進の試みが各国で進められており、日本でも研究成果を基本的に全面公開しようとする動き…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP