[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④

 

「極限からの一手」コーナーでは筆者の独断と偏見に基づき、全合成における優れた問題解決とその発想を紹介してみたいと思います。困難に直面した全合成化学者がいかにして創造的発想からの解決に至ったか、それを追体験できるようなクイズ形式にしています。

第4回は、北海道大学の宮下正昭・谷野圭持らによるNorzoanthamineの全合成(2004)を紹介したいと思います。

(※過去の問題はこちら:

 以下に示すアルキンBの形成では、ジヒドロピラン体Cの副生が問題となって、収率の低下を招いていた。各種条件検討では解決が難しいと判断され、基質構造の修正から収率の向上が図られた。最終的に、基質Aに適切な重水素化を施すことよって、収率の劇的な向上が達成された。
以下に鍵反応を含めた合成スキームを示す。副反応の反応機構および重水素試薬の入手性を加味しながら、鍵反応の収率向上が期待できるように、基質Aの重水素化体をデザインせよ。

next_move_4q_1

解答はこちら

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第8回平田メモリアルレクチャー
  2. グリコシル化反応を楽にする1位選択的”保護̶…
  3. 【速報】2016年ノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合成」に!…
  4. 不斉アリル位アルキル化反応を利用した有機合成
  5. 英文読解の負担を減らすマウスオーバー辞書
  6. iPhoneやiPadで化学!「デジタル化学辞典」
  7. フェニル酢酸を基質とするC-H活性化型溝呂木-Heck反応
  8. アルドール・スイッチ Aldol-Switch

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大学入試のあれこれ ②
  2. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!②
  3. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation
  4. 理研も一般公開するよ!!
  5. 水中で光を当てると水素が湧き出るフィルム
  6. 先制医療 -実現のための医学研究-
  7. ナノチューブ団子のときほぐしかた [テキサスMRD社の成果]
  8. 動的コンビナトリアル化学 Dynamic Combinatorial Chemistry
  9. MIDAボロネートを活用した(-)-ペリジニンの全合成
  10. 第一三共 抗インフルエンザ薬を承認申請

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP