[スポンサーリンク]


2017年 8月 16日

  1. 銀イオンクロマトグラフィー

    以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作による違いがメインでしたが、今回はシリカゲルの性質を変化させることについてご紹介致します。カラムに利用する際には担時したものをシリカに用い…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」開催報告
  2. マンガン触媒による飽和炭化水素の直接アジド化
  3. 有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】
  4. SNS予想で盛り上がれ!2020年ノーベル化学賞は誰の手に?
  5. 新しい糖尿病治療薬認可へ~人体機能高めるタイプから吸入式まで
  6. 国際化学オリンピックで日本代表4人メダル受賞
  7. CETP阻害剤ピンチ!米イーライリリーも開発中止

注目情報

最新記事

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

PAGE TOP