[スポンサーリンク]

ケムステニュース

がん細胞を狙い撃ち 田澤富山医薬大教授ら温熱治療新装置 体内に「鉄」注入、電磁波で加熱

[スポンサーリンク]

富山医薬大医学部の田澤賢次教授(病理学、外科系臨床医学)と金大などの研究グループは、がんの温熱治療の新手法として、「水に浮く鉄」の性質を持った磁性体を体内に注入し、電磁波を誘導してがん細胞を死滅させる加温装置を開発した。正常細胞への影響がほとんどなく、外科、放射線などの治療と併用できる。動物実験を重ね、現在は臨床医の助言をもとに試作機を改良しており、三年以内をめどに富山医薬大、金大、福井大の医学部附属病院で臨床に導入される。(引用:富山新聞
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ソウル大教授Nature Materials論文捏造か?
  2. 熊田誠氏死去(京大名誉教授)=有機ケイ素化学の権威
  3. 米国もアトピー薬で警告 発がんで藤沢製品などに
  4. 第六回サイエンス・インカレの募集要項が発表
  5. 中外製薬が工場を集約へ 宇都宮など2カ所に
  6. 米メルク、業績低迷長期化へ
  7. 「株式会社未来創薬研究所」を設立
  8. グローバルCOE審査結果

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Metal-Organic Frameworks: Applications in Separations and Catalysis
  2. プロペランの真ん中
  3. 山本明夫 Akio Yamamoto
  4. アントンパール 「Monowave300」: マイクロ波有機合成の新武器
  5. 積水化学、工業用接着剤で米最大手と提携
  6. 細胞を模倣したコンピューター制御可能なリアクター
  7. クリスチャン・ハートウィッグ Christian Hertweck
  8. マット・シェア Matthew D. Shair
  9. 秋の褒章2009 -化学-
  10. 細胞の中を旅する小分子|第一回

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP