[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

[スポンサーリンク]

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環境保全に理解を示すエコな人々の善意を食い物にする被害が多発している。事態を重視した環境省と経済産業省はホームページ(HP)で「使用中のエアコンに充填されているフロンを入れ替える業者が現れたが、入れ替えるような指示は出していない」と告知し、否定している。(FACTA5月11日)

一言でいうと、エアコンの冷媒であるフロンを自然冷媒に変えるように迫ってくる悪徳業者がいるが、指定外である自然冷媒を入れると爆発・炎上する可能性があるので交換してはいけないということです。ただし自然冷媒は怪しいものではなく、正しく使えば環境に良いものなのでこの背景について下記で紹介します。

まず冷媒とは、冷凍サイクルにおいて熱を移動させるために用いられる熱媒体のことを指し、エアコンや冷蔵庫など冷やす機械には必要不可欠なものです。冷媒に適する物質の条件として蒸発の潜熱が大きいことと適度な圧力で液体になることが挙げられます。歴史を振り返ると、1800年代の後半には冷凍機が開発されその際はアンモニアが冷媒の主流でした。1930年にフロンガス(クロロフルオロカーボン :CFC)が開発されるとが主流になりましたが、フロンによるオゾン層の破壊が問題になると1980年代にはオゾン層破壊係数の低い特定フロン(ハイドロクロロフルオロカーボン:HCFC)が使われるようになりました。さらに規制が厳しくなり1990年代の後半では、オゾン層破壊係数がゼロである代替フロン(ハイドロフルオロカーボン:HFC)への切り替えが始まり、現在の冷媒の主流となっています。

構造例 オゾン層破壊係数
CFC CCl2F2, C2F5Cl ~10600
HCFC CHClF2, CHCl2CF3 ~2400
HFC CH2FCF3 CHF3 0

HFCにも地球温暖化係数(GWP)が高いという問題があり、使用量の削減するための規制と技術開発が求められています。

そこで考え出されたのが自然冷媒というアイディアですが真新しい物質ではなく、炭化水素ガス、アンモニア、二酸化炭素、空気、水のことを指しています。残念ながら用途が限られているのが現状で、

  1. 炭化水素ガス(ブタン等):引火すると爆発の危険性があるため小型の密閉された機器でのみ使用可能
  2. アンモニア:高い毒性
  3. 二酸化炭素:圧力が高い
  4. 空気、水:効率が悪い

といった懸念点があります。しかし、ヒートポンプ式電気湯沸かし器(二酸化炭素)や冷蔵庫(炭化水素ガス)ではすでに自然冷媒を使った機器が普及していて、自然冷媒は正しく使えば地球温暖化の防止に役立つ素晴らしい技術だと言えます。

二酸化炭素が冷媒の電気湯沸かし器

イソブタンが冷媒の冷蔵庫

ここで問題に戻って考えると、自然冷媒である炭化水素ガスを適合していないエアコンの冷媒として入れ替えると爆発・炎上の恐れがあるため悪徳業者の言いなりになってはということになります。実際、ガスを交換する際に爆発した事故も起きていますし、冷媒は交換してエアコンを使用しても環境に良くなるわけではないので普通に使い続け、寿命が来たら環境にやさしい冷媒を使っているエアコンを購入するのが正しい方法だと思います。カセットコンロと似たような種類の炭化水素のガスを、”自然冷媒”というさぞ環境にやさしそうなネーミングを使い、さらに冷媒の規格名(イソブタンはR600)を使って、さぞ安全であるかのように示しているところに無知の人をだましてしまう悪質性が感じられます。

HFCに関して、GWPを下げるためにハイドロフルオロオレフィン(HFO)も開発されていますが、GWPが低いほど可燃性も高くなるためエアコンなどには使用が難しくなります。そのため機器によって可燃性を考えたガスを選択し場合によっては混合して使用することが低減させれています。

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. 眼精疲労、糖尿病の合併症に効くブルーベリー
  2. 米国ACSジャーナル・冊子体廃止へ
  3. 化学企業のグローバル・トップ50が発表
  4. 1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒
  5. MUKAIYAMA AWARD講演会
  6. ノーベル賞親子2代受賞、コーンバーグさんが東大で講演
  7. 金よりも価値のある化学者の貢献
  8. アミンの新合成法

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. レッドブルから微量のコカインが検出される
  2. ソウル大教授Nature Materials論文捏造か?
  3. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactonization
  4. 製薬各社の被災状況②
  5. 生物学的等価体 Bioisostere
  6. 2009年9月人気化学書籍ランキング
  7. 根岸カルボメタル化 Negishi Carbometalation
  8. リガンド革命
  9. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-triazine
  10. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP