[スポンサーリンク]


2017年 11月 12日

  1. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

    システイン(Cysteine, Cys)は自然界における存在比率が低く、側鎖(SH基)のpKaが低く(pKa ~ 8.2)求核性が高いため、生体共役反応の標的として有用である。リジン選択的手法と並んで活用される機会が多い。反応性の高さを利用…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. グリコシル化反応を楽にする1位選択的”保護”反応
  2. ククルビットウリルのロタキサン形成でClick反応を加速する
  3. ワサビ辛み成分受容体を活性化する新規化合物
  4. 思わぬ伏兵・豚インフルエンザ
  5. 超合金粉末の製造方法の改善に機械学習が試行される
  6. 化学系人材の、より良い将来選択のために
  7. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(6年目)(留学後編)

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP