[スポンサーリンク]

一般的な話題

大学入試のあれこれ ①

 

大学入試もそろそろ終盤戦でしょうか。多くの国立大学では前期試験が終了したのではないかと思いますが、

「これまで力を発揮できなかった」という受験生の方も、最後まで諦めることなく頑張ってほしいと思います。

 

さて、今日は大学入試について書かせていただきたいと思いますが、内容は「つぶやき」というよりも「ぼやき」です。

勘のよい方は何の話かわかっていただけたことでしょう。

 

そうです。某国立大学の入試時間中に、その設問がインターネットの掲示板に投稿されたとのことで問題になっています。

正直私は(誰でもそうかもしれませんが)、こういった不正行為が本当に嫌いです。相撲の八百長問題というのも最近ありましたが、非常に不愉快なものです。一生懸命やっていた人にしてみれば、より一層不愉快でしょう。

 

化学の分野でも、これまでにデータの捏造など多くの不正がなされてきました。企業・大学問わず、他の会社・研究室と競争をしている以上、今後も不正が行われることは不思議なことではありません。

 

しかしながら、

  1. 何事も結果が全てかもしれないが、その「結果」というものが、きちんとした過程のもとにあってほしい。
  2. そして、心から化学に興味を持ち、化学が好きであってほしい。

 

上記の2点を心から願っています。化学が好きで研究している人であれば不正を行ったりはしないはずです。

 

若干重い話となりましたが、最後まで読んでくださった方ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
らぱ

らぱ

現在、博士課程にて有機合成化学を学んでいます。 特に、生体分子を模倣した超分子化合物に興味があります。よろしくお願いします。
らぱ

最新記事 by らぱ (全て見る)

関連記事

  1. 大環状ヘテロ環の合成から抗がん剤開発へ
  2. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー5
  3. 科学カレンダー:学会情報に関するお役立ちサイト
  4. 化学オリンピックを通して考える日本の理科教育
  5. アルミニウムで水素分子を活性化する
  6. ヘテロ原子を組み込んだ歪シクロアルキン簡便合成法の開発
  7. 科学は夢!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2015
  8. 仕事の進め方を見直してみませんか?-SEの実例から

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ドミトリ・メンデレーエフの墓
  2. ユネスコ女性科学賞:小林教授を表彰
  3. 有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応
  4. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アーバイン校より
  5. 第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser Stoddart教授
  6. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (2)
  7. バイエルワークショップ Bayer Synthetic Organic Chemistry Workshop 2017
  8. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応
  9. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化
  10. 未踏の構造に魅せられて―ゲルセモキソニンの全合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP