[スポンサーリンク]


2017年 11月 19日

  1. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

    N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選択的を実現でき、均質な修飾体を与える事が出来る。また、修飾に伴う高次構造への影響も少ない。加えておよそ80%のタンパク質においては、N末端が…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 金属から出る光の色を利用し、食中毒の原因菌を迅速かつ同時に識別することに成功!
  2. ビジネスが科学を待っている ー「バイオ」と「脱炭素」ー
  3. 偶然生まれた新しい青色「YInMnブルー」の油絵具が日本で限定発売される
  4. 第169回―「両性分子を用いる有機合成法の開発」Andrei Yudin教授
  5. 庄野酸化 Shono Oxidation
  6. SFTSのはなし ~マダニとその最新情報 前編~
  7. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP