[スポンサーリンク]

archives

スマホページをリニューアルしました

[スポンサーリンク]

今更ながら、スマホ用のウェブサイトを書き換え、完全スマホ対応としました。サーバー変更以前には、スマホ対応でしたが、ページが重く表示するのに時間がかかっていました。サーバーの変更・サイトの最適化によりかなり快適となりましたが、キャッシュプログラムを使っていたため、モバイル版との区別がつかず、PC版と類似したページを表示していました。

最近、

  • ページが不具合がでること
  • Google先生で「モバイルフレンドリーではありません。」と常に表示されていたこと
  • PC以外からの訪問者が40%以上を超えたこと

 

を考慮し、本日リニューアルを行いました。リニューアルをしたといっても、スマホ版Chem-StationはPC版と異なり、サイトの表示速度を優先し非常にシンプルで必要最低限の情報だけを掲載しています。モバイルフレンドリーテストにも合格しています。

2016-09-25_18-09-25

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 塩化インジウム(III):Indium(III) Chlorid…
  2. DAST類縁体
  3. 導電性高分子の基礎、技術開発とエネルギーデバイスへの応用【終了】…
  4. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニト…
  5. メルドラム酸:Meldrum’s Acid
  6. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩…
  7. 日本化学会ケムステイブニングミキサーへのお誘い
  8. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsi…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 投票!2014年ノーベル化学賞は誰の手に??
  2. 村井 眞二 Shinji Murai
  3. 医薬品への新しい合成ルートの開拓 〜協働的な触媒作用を活用〜
  4. スチュアート・シュライバー Stuart L. Schreiber
  5. リード反応 Reed Reaction
  6. メソリティック開裂 mesolytic cleavage
  7. 高専の化学科ってどんなところ? -その 2-
  8. 有機ナノチューブの新規合成法の開発
  9. 春季ACSMeetingに行ってきました
  10. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearrangement

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

化学者だって数学するっつーの! :定常状態と変数分離

本記事では、原子軌道や分子軌道に電子が安定に存在するときの波動関数を調べるための方程式である、「時間…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP