[スポンサーリンク]


2018年 6月 25日

  1. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

    2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間でのボロン酸エステル形成に注目し、これをヒドラゾン形成と組み合わせることで不可逆的に複合体を形成し、生細胞コンジュゲーションに応用することに成功…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】
  2. デルフチバクチン (delftibactin)
  3. ローソン試薬 Lawesson’s Reagent
  4. ディークマン縮合 Dieckmann Condensation
  5. 第160回―「触媒的ウィッティヒ反応の開発」Christopher O’Brien博士
  6. Impact Factorかh-indexか、それとも・・・
  7. SchultzとKay: 米スクリプス研究所のトップへ

注目情報

最新記事

なぜあの研究室の成果は一流誌ばかりに掲載されるのか【考察】

Nature誌やScience誌は科学者ならば誰もが認める一流ジャーナルとして認識されています。そう…

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

PAGE TOP