[スポンサーリンク]

一般的な話題

化学者も参戦!?急成長ワクチン業界

[スポンサーリンク]

catch.png

 突然ですが、「ワクチン」(予防注射)と聞くと何を思い浮かべますか?

 

子供の頃、恐怖したお注射の記憶でしょうか?あるいは最近受けたインフルエンザワクチンを連想する方も多いと思います。しかし、化学と結びつけて連想される方は少ないのではないでしょうか。特に化学者にとっては、薬と言えば抗生物質や抗ガン剤など、病気を治す薬、または病気の症状を和らげる薬の方がなじみがあるのではないかと思います。

今回は病気を予防する薬、ワクチンのお話です。

  • ワクチンの発見
 ワクチン(vaccine)は1796年にエドワード・ジェンナーによって発明されました。ジェンナーは牛痘(天然痘の類縁ウイルスによって引き起こされる。ヒトでは症状は軽度)を健康な人に接種すると天然痘が予防できることを見いだしました(天然痘ワクチン)。牛痘の接種により天然痘に対する免疫が獲得できるためです。この発見により、古代から死の病として世界中で恐れられていた天然痘は急速に収束に向かいました。そしてジェンナーの発見からおよそ200年後の1980年、天然痘はついに根絶され、WHOから根絶宣言が出されました。人類によって感染症が根絶された初めての例です。
ishot-58.png
牛痘を接種するジェンナー。いまやったら大問題?
  • 生ワクチンと不活化ワクチン
 天然痘ワクチンの例から見てもわかる通り、ワクチンとは病原体そのものです(天然痘の場合は近縁の牛痘ですが)。ワクチンの有効成分であり、免疫を誘導する物質、抗原は病原体に含まれている分子なので、ワクチンは病原体そのものを培養して作られます。
 ワクチンは製造法から二つに大別できます。生ワクチンは毒性を弱めた生きた細菌やウイルスであり獲得免疫力や免疫の持続時間は長いのが特徴ですが、生きた病原体を使うため体内で増殖する可能性があり、病気の症状や悪影響が出る可能性があります。一方の不活化ワクチンは処理されることにより死んだ病原体であるため、安全性はより高い反面、一度の接種では得られる免疫が十分でない場合があります。
 最近大きな話題となったポリオワクチンでは生ワクチンの危険性が指摘され、つい先日、不活化ワクチンが承認されました。
Vaccine.jpg
(赤ちゃん)「おいおい、大丈夫か?」。まだまだワクチンもすべてがわかっているわけではない
  • ワクチンを化学する?
 このように主に病原体の培養によって生産されるワクチンは化学者にとっては少し縁遠い存在です。ワクチンを化学の視点で見ると、天然由来の複雑な混合物です。より安全であるとされる不活化ワクチンもすべての成分が明らかとなっているわけではありません。化学的に成分や構造が明らかなワクチンができれば、予防接種の安全性はより向上することが期待できます。すなわち化学合成の出番です。[1,2]
 当然、化学合成が可能となれば構造修飾による効果の向上も期待できるだけでなく、培養が難しい病原体に対するワクチンも、より効率的に大量生産できる可能性があります。現在HIV、マラリア、新型インフルエンザなど蔓延する感染症にも有効な対抗手段になりうると期待されています。
 しかし、合成ワクチンの開発には、高分子である抗原の構造決定および合成、抗原を効果的に運搬するキャリアの選定や免疫の持続時間など課題も多く残されているのが現状です。
 やはり病気にかかってから治すより、できることなら事前に予防したいものです。医薬品市場の中でも急成長を続けているワクチン分野ですが、今後化学者の活躍の場が増えていくのではないでしょうか。
  • 参考文献
1 “Carbohydrate vaccines: developing sweet solutions to sticky situations?”
Rena D. Astronomo et al. Nat. Rev. Drug. Discov. 2010, 9, 308–324. DOI:10.1038/nrd3012
2 “Epitope-based vaccines: an update on epitope identification, vaccine design and delivery”Alessandro Sette et al. Curr. Opin. Immunol. 2003, 15, 461–470. DOI: 10.1016/S0952-7915(03)00083-9
  • 関連書籍

 

 

 

Grossstein

投稿者の記事一覧

ドイツでポスドクをしています。学生時代は分子触媒化学、今は糖鎖の合成を研究しています。夢はもちろんビール職人。目指せマイスター!

関連記事

  1. 超分子ポリマーを精密につくる
  2. 虫歯とフッ素のお話① ~どうして歯磨きにフッ素が使われるの??~…
  3. 自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開
  4. 化学者のためのエレクトロニクス講座~電解で起こる現象編~
  5. エナンチオ選択的Heck反応で三級アルキルフルオリドを合成する
  6. PdとTiがVECsの反応性をひっくり返す?!
  7. SPring-8って何?(初級編)
  8. 「決断できる人」がしている3つのこと

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil
  2. 「化学五輪」準備組織が発足、委員長に野依氏
  3. リアル『ドライ・ライト』? ナノチューブを用いた新しい蓄熱分子の設計-前編
  4. 第152回―「PETイメージングに活用可能な高速標識法」Philip Miller講師
  5. 手術中にガン組織を見分ける標識試薬
  6. 生化学実験:プラスチック器具のコンタミにご用心
  7. 小林 修 Shu Kobayashi
  8. 低分子の3次元構造が簡単にわかる!MicroEDによる結晶構造解析
  9. 学会ムラの真実!?
  10. イグノーベル賞2021が発表:今年は化学賞あり!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2012年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

注目情報

最新記事

【四国化成工業】新卒採用情報(2023卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、企業理念「独創力」のもと「有機合成技術」を武器に「これまでになかった材…

ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝② 〜J-1 VISA取得編〜

ポンコツシリーズ番外編 その2 J-1 VISA取得までの余談と最近日本で問題になった事件を経験した…

結合をアリーヴェデルチ! Agarozizanol Bの全合成

セスキテルペンAgarozizanol Bの全合成が初めて達成された。光照射下で進行するカスケード反…

有機合成化学協会誌2022年1月号:無保護ケチミン・高周期典型金属・フラビン触媒・機能性ペプチド・人工核酸・脂質様材料

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年1月号がオンライン公開されました。本…

第167回―「バイオ原料の活用を目指した重合法の開発」John Spevacek博士

第167回の海外化学者インタビューは、ジョン・スペヴァセック博士です。Aspen Research社…

繊維強化プラスチックの耐衝撃性を凌ぐゴム材料を開発

名古屋大学大学院工学研究科有機・高分子化学専攻の 野呂 篤史講師らの研究グループは、日本ゼオンと共同…

反応化学の活躍できる場を広げたい!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー②】

2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)に採択された『糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動…

UiO-66: 堅牢なジルコニウムクラスターの面心立方格子

UiO-66 は六核ジルコニウムオキシクラスターを SBU に持ち、高い熱安定性 · 化学安定性を示…

危ない試薬・面倒な試薬の便利な代替品

実験室レベルでは、未だに危険な試薬を扱わざるを得ない場合も多いかと思います。tert…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP