[スポンサーリンク]


2018年 7月 28日

  1. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド

    2015年、スクリプス研究所・Julius Rebek Jr.らは、水溶性キャビタンド化合物をテンプレートとし、長鎖ω-アミノ酸を水中でマクロラクタム化する方法論を開発した。"A Deep Cavitand Templates Lact…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 交互に配列制御された高分子合成法の開発と機能開拓
  2. 石油化学プラントの設備内部でドローンを飛行する実証事業を実施
  3. ウルフ・デッツ反応 Wulff-Dotz Reaction
  4. キムワイプLINEスタンプを使ってみよう!
  5. 求電子的インドール:極性転換を利用したインドールの新たな反応性!
  6. 高電気伝導性を有する有機金属ポリイン単分子ワイヤーの開発
  7. 研究リーダーがPJを成功に導く秘訣

注目情報

最新記事

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

PAGE TOP