[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

The Merck Index: An Encyclopedia of Chemicals, Drugs, And Biologicals

 

対象

化合物を扱う全ての研究者

 

評価・解説

一世紀以上にわたり世界中の有機化学者に広く利用されている、一万以上の化学物質・医薬・生体物質の性状・特許情報・商標名・用途・構造式などが掲載されている化学事典です。付属のCD-ROMを用いることで、PC上での検索も可能になっています。

研究室に一冊は欲しい辞書的書物です。現在の最新版は15版(2013)です。

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー
  2. 化学 美しい原理と恵み (サイエンス・パレット)
  3. 【書籍】研究者の仕事術~プロフェッショナル根性論~
  4. ここまで進んだ次世代医薬品―ちょっと未来の薬の科学
  5. 有機合成のナビゲーター
  6. Semiconductor Photocatalysis: Pr…
  7. 2009年5月人気化学書籍ランキング
  8. What’s Cooking in Chemistr…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光照射によって結晶と液体を行き来する蓄熱分子
  2. ヒドロアシル化界のドンによる巧妙なジアステレオ選択性制御
  3. 世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発
  4. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactonization
  5. 立体選択的な(+)-Microcladallene Bの全合成
  6. 真空ポンプはなぜ壊れる?
  7. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya
  8. 糖鎖を直接連結し天然物をつくる
  9. 【書籍】アリエナイ化学実験の世界へ―『Mad Science―炎と煙と轟音の科学実験54』
  10. ターボグリニャール試薬 Turbo Grignard Reagent

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP