[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

The Merck Index: An Encyclopedia of Chemicals, Drugs, And Biologicals

 

対象

化合物を扱う全ての研究者

 

評価・解説

一世紀以上にわたり世界中の有機化学者に広く利用されている、一万以上の化学物質・医薬・生体物質の性状・特許情報・商標名・用途・構造式などが掲載されている化学事典です。付属のCD-ROMを用いることで、PC上での検索も可能になっています。

研究室に一冊は欲しい辞書的書物です。現在の最新版は15版(2013)です。

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 2016年1月の注目化学書籍
  2. クロスカップリング反応関連書籍
  3. 宮沢賢治の元素図鑑
  4. Essential細胞生物学
  5. 元素生活 完全版
  6. ウォーレン有機化学
  7. カリカリベーコンはどうして美味しいにおいなの?
  8. 2009年7月人気化学書籍ランキング

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 地球外生命体を化学する
  2. マンガン触媒による飽和炭化水素の直接アジド化
  3. 元素に恋して: マンガで出会う不思議なelementsの世界
  4. 海底にレアアース資源!ランタノイドは太平洋の夢を見るか
  5. ケムステイブニングミキサー2019ー報告
  6. 最近の有機化学注目論文1
  7. 光で動くモーター 世界初、東工大教授ら開発
  8. エリック・ベッツィグ Eric Betzig
  9. 化学に耳をすませば
  10. ビール好きならこの論文を読もう!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP