2018年 8月 03日

  1. Qi-Lin Zhou 周其林

    周其林(Qi-Lin Zhou、1957年2月19日–)は中国の有機化学者である。南開大学教授経歴1982 蘭州大学 卒業1987 中国科学技術院 上海有機化学研究所 博士号取得(Yao-Zeng Huang 教授)1988…

  2. 工程フローからみた「どんな会社が?」~半導体関連

    Tshozoです。職業柄よく半導体関連の部品を触るのですが毎度多数の企業の方々が関わっておら…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より
  2. E値 Environmental(E)-factor
  3. 【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編
  4. 南 安規 Yasunori Minami
  5. 芳香族ボロン酸でCatellani反応
  6. 抗アレルギー薬「アレジオン」の販売、BIに一本化
  7. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

注目情報

最新記事

有機電解合成のはなし ~アンモニア常温常圧合成のキー技術~

(出典:燃料アンモニアサプライチェーンの構築 | NEDO グリーンイノベーション基金)Ts…

光触媒でエステルを多電子還元する

第621回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(魚住グループ)にて…

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

PAGE TOP