[スポンサーリンク]

一般的な話題

2017年始めに100年前を振り返ってみた

皆様あけましておめでとうございます。今年も化学三昧のケムステで皆様に話題を提供していきたいと思います。昨年より忙しさにかまけて記事をなかなかお届けできずにおりますが、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

さて、今年2017年は化学の世界で何が起こるんでしょうか。予想もできませんが、一年の最初に過去を振り返ってみるのもいいのではないかと思います。50年前、100年前と遡って調べてみたのですが、なかなかしっくりくるアニバーサリーはないように思えました。第一次世界大戦が世界に暗い影を落としているような時期ですので仕方ないんですかね。ノーベル化学賞も100年前の1917年は該当無しでした。ちなみに1916年も該当無しで、二年連続でした。

 

しかし一方で、100年前の1917年は後のノーベル化学賞受賞者が比較的多数生まれている大豊作の年です。受賞年で並べてみますと以下のようになります。

化学者 受賞年 受賞対象
ジョン・ケンドリュー (John Cowdery Kendrew) 1917年3月24日 – 1997年8月23日 1962年 球状タンパク質の構造研究
ロバート・ウッドワード (Robert Burns Woodward) 1917年4月10日 – 1979年7月8日 1965年 有機合成化学に対する顕著な貢献
イリヤ・プリゴジン (Ilya Prigogine) 1917年1月12日 – 2003年5月28日 1977年 非平衡熱力学、特に散逸構造の研究
ハーバート・ハウプトマン (Herbert Aaron Hauptman) 1917年2月14日 – 2011年10月23日 1985年 結晶構造を直接決定する方法の確立
ウィリアム・ノールズ (William Standish Knowles) 1917年6月1日 – 2012年6月13日 2001年 不斉触媒による水素化反応の研究
ジョン・フェン (John Bennett Fenn) 1917年6月15日 – 2010年12月10日 2002年 生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発(生体高分子の質量分析法のための穏和な脱離イオン化法の開発)

 

最年少はジョン・ケンドリューでなんと45才での受賞です。ちなみに筆者は今年45才なのですが、まあストックホルムから電話がかかってくる気はしないです・・・

最年長はジョン・フェンで85才での受賞。長生きはするもんなんですねえ。ちなみに受賞理由になった論文は彼の若いときの仕事ではなく、70才を超えた時代のものだというのはかなりの驚きですね。衰えず生涯科学に情熱を注ぐ姿勢は見習いたいと思います。

筆者としてはロバート・ウッドワードと関連する分野に身を置いていますので、感慨深いものがあります。全ての方が故人となって100才は皆さん迎えていらっしゃいませんが、偉大な化学者たちの生誕100年ということを胸に、今年も化学の発展に尽くしていきたいと思います。

ボストンを訪れる機会がありましたら、ウッドワードのお墓参りはいかがでしょうか?ご無沙汰の化学者墓マイラーシリーズの前回はこちら

マップ

その他の化学地球儀はこちらからどうぞ

マップ上部の白い四角の部分をクリックしても大きな化学地球儀が表示されます。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. 含『鉛』芳香族化合物ジリチオプルンボールの合成に成功!①
  2. アイルランドに行ってきた①
  3. 有機合成化学協会誌2018年2月号:全アリール置換芳香族化合物・…
  4. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー性能向上・量産化編
  5. アルデヒドを分液操作で取り除く!
  6. ReaxysPrize2015ファイナリスト発表!
  7. 化学合成で「クモの糸」を作り出す
  8. ESIPTを2回起こすESDPT分子

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジュリアス・レベック Julius Rebek, Jr.
  2. キャリー・マリス Kary Banks Mullis
  3. bothの使い方
  4. ヘキサメチレンテトラミン
  5. 分子で作る惑星、その名もナノサターン!
  6. 喜多氏新作小説!『美少女教授・桐島統子の事件研究録』
  7. ナノ合金の結晶構造制御法の開発に成功 -革新的材料の創製へ-
  8. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe Olefination
  9. 神経細胞の伸長方向を光で操る
  10. C-CN結合活性化を介したオレフィンへの触媒的不斉付加

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

PAGE TOP