[スポンサーリンク]


2018年 11月 28日

  1. 架橋シラ-N-ヘテロ環合成の新手法

    シラ-N-ヘテロ環を含む多環式化合物の新奇構築法が見出された。遷移金属触媒を用いず多環式化合物を合成できる本手法は、複雑アルカロイドなどの生物学的等価体としての応用が期待できる。ケイ素を含むN-ヘテロ環(シラ-N-ヘテロ環)構築法医…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜
  2. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)diboron
  3. 頻尿・尿失禁治療薬「ベシケア」を米国で発売 山之内製薬
  4. ユニバーサル・フェーズセパレーター発売
  5. 塩基の代わりに酸を使うクロスカップリング反応:X線吸収分光が解き明かすルイス酸の役割
  6. O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編
  7. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMillan

注目情報

最新記事

MEDCHEM NEWS 31-3号「ケムステ代表寄稿記事」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

トンネル構造をもつマンガン酸化物超微粒子触媒を合成

第409回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 物質理工学院 材料系 原・鎌田研究室に在籍されて…

第174回―「特殊な性質を持つフルオロカーボンの化学」David Lemal教授

第174回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・レマル教授です。ダートマスカレッジ化学科に所属し、…

二核錯体による窒素固定~世界初の触媒作用実現~

Tshozoです。先月このような論文がNature本誌に発表されました。窒素固定と言えばやはり筆…

有機合成化学協会誌2022年8月号:二酸化炭素・アリル銅中間体・遺伝子治療・Phaeosphaeride・(−)-11-O-Debenzoyltashironin・(−)-Bilobalide

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年8月号がオンライン公開されました。筆…

PAGE TOP