[スポンサーリンク]

ケムステしごと

【経験者に聞く】マテリアルズ・インフォマティクスの事業開発キャリアへの挑戦

[スポンサーリンク]

開催日:2022/04/19 申込みはこちら

■開催概要

化学業界を中心に様々な経歴を持ったメンバーが集まるMI-6の事業開発チーム。なぜ彼らはMI-6を次のキャリアとして選んだのか?登壇するパネリストのこれまでのキャリアについて深掘りしながら、三者三様のストーリーを紐解いていきます。

研究者やコンサルタントからMIスタートアップの事業開発へキャリアチェンジした人の「なぜキャリアチェンジしたのか?」「今どんなことにチャレンジしているのか?」「成長のターニングポイントはなんだったのか?」をベースに、「マテリアルズ・インフォマティクスの事業開発キャリア」を具体化していきます。

夜間&ウェビナー形式ですので、お仕事終わりにお食事をしたり、移動したりしながら参加いただけます。
Q&Aセッションもございますので、登壇者に質問することも可能です。

■参加費用

無料

■当日の内容

・はじめに、会社のご紹介(5分)
・パネルディスカッション
第一部:MI-6に入るまで(30分)
質問時間(10分)
第二部:MI-6で働く今とこれから(30分)
質問時間(10分)

※内容やタイムスケジュールは変更となる場合が御座います。予めご了承願います。

■登壇者

・パネリスト
MI-6株式会社/事業開発部 上田俊雄
化学メーカー研究職から当時5人未満のMI-6へジョイン。1人目の事業開発として事業牽引。

MI-6株式会社/事業開発部 小玉聡美
精密機器メーカーの化学系研究職を経て、2021年9月にMI-6へジョイン。

MI-6株式会社/事業開発部 若宮俊太郎
消費財メーカーのプロセスエンジニア、オープンイノベーションコンサルティング企業のマネージメントチームを経て、2022年4月にMI-6へジョイン。

・ファシリテーター
MI-6株式会社/執行役員 南部洋志
精密機器メーカー研究職、コンサルティングファーム、起業などを経て、MI-6へジョイン。SaaS事業の事業統括。

■こんな方におすすめ

・素材業界やメーカーで研究職として働いていて、異職種へのキャリアチェンジに興味がある方
・マテリアルズインフォマティクスに関わる業種やキャリアに興味のある方
・製造業の研究開発自体に、データサイエンスを通じて自分の手で変革を起こしたい方
・事業開発のキャリア、スタートアップのキャリアに興味のある方

■申込締め切り

2022年4月19日(火)18:00
※申込が多数あった場合は事前に締め切らせていただく可能性がございます

開催日:2022/04/19 申込みはこちら

■問い合わせ先

MI-6株式会社 事業開発部 bd@mi-6.co.jp

※ご登録いただくメールアドレスに、当日の Zoom URLをお送りします。開催日が近づいて来ましたら、再度参加者の皆様には案内のメールをお送りします。 迷惑メールの設定や、メールアドレスの記載に誤りによって、ご案内ができないケースがございます。 設定確認と登録アドレスに間違いがないよう、ご協力お願いいたします。

関連記事

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. タンパク質の非特異吸着を抑制する高分子微粒子の合成と応用
  2. 東北地方太平洋沖地震に募金してみませんか。
  3. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑪:どっちもク…
  4. “click”の先に
  5. 転職でチャンスを掴める人、掴めない人の違い
  6. 鉄触媒を用いて効率的かつ選択的な炭素-水素結合どうしのクロスカッ…
  7. 「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3
  8. クオラムセンシング阻害活性を有する新規アゾキシアルケン化合物の発…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用
  2. ハイフン(-)の使い方
  3. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2020年版】
  4. ケムステSlack、開設二周年!
  5. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund
  6. 赤色発光する希土類錯体で植物成長促進の実証に成功
  7. ポリセオナミド :海綿由来の天然物の生合成
  8. 研究室ですぐに使える 有機合成の定番レシピ
  9. ウォルター・カミンスキー Walter Kaminsky
  10. 生きたカタツムリで発電

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP