[スポンサーリンク]


2019年 3月 17日

  1. シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

    第190回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神田さんは修士課程から名古屋大学大学院理学研究科・野依特別研究室に所属し、今回紹介するお仕事のキーマンとして活躍されました。すぐさま壊れてしま…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヴィクター・アンブロス Victor Ambros
  2. シラフルオフェン (silafluofen)
  3. C–S結合を切って芳香族を非芳香族へ
  4. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する
  5. 化学者のためのエレクトロニクス講座~有機半導体編
  6. 第15回 触媒の力で斬新な炭素骨格構築 中尾 佳亮講師
  7. ピナコールカップリング Pinacol Coupling

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP