2019年 3月 17日

  1. シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

    第190回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神田さんは修士課程から名古屋大学大学院理学研究科・野依特別研究室に所属し、今回紹介するお仕事のキーマンとして活躍されました。すぐさま壊れてしま…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アンソニー・スペック Anthony L. Spek
  2. 結晶構造に基づいた酵素機能の解明ーロバスタチン生合成に関わる還元酵素LovCー
  3. 名もなきジテルペノイドの初の全合成が導いた構造訂正
  4. 超高性能プラスチック、微生物で原料を生産
  5. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of the Cell
  6. 不均一系触媒を電極として用いる電解フロー反応を実現
  7. 機械学習による不⻫有機触媒の予測⼿法の開発

注目情報

最新記事

有機電解合成のはなし ~アンモニア常温常圧合成のキー技術~

(出典:燃料アンモニアサプライチェーンの構築 | NEDO グリーンイノベーション基金)Ts…

光触媒でエステルを多電子還元する

第621回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(魚住グループ)にて…

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

PAGE TOP