[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

デヴィッド・エヴァンス David A. Evans

デヴィッド・A・エヴァンス (David A. Evans、1941年1月11日-)は、アメリカの有機化学者である(写真:Evans Group)。米ハーバード大学教授。

 経歴

1963  オベリン大学卒業
1967 カリフォルニア工科大学博士課程修了
1967 カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校助教授
1972 カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校准教授
1974 カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校教授
1974 カリフォルニア工科大学教授
1983 ハーバード大学教授
1990- ハーバード大学名誉教授(Abbott and James Lawrence Professor of Chemistry)
1995-1998 ハーバード大学化学科主任

 

受賞歴

1971 Camille and Henry Dreyfus Teacher-Scholar Award
1972 Alfred P. Sloan Foundation Fellow
1973 Distinguished Teaching Award, UCLA Alumni Association
1982 ACS Award for Creative Work in Synthetic Organic Chemistry
1983 M.A., Honorary, Harvard University, Cambridge, MA
1984 Allen R. Day Award, Philadelphia Organic Chemists Club, Philadelphia, PA
1984 Elected to National Academy of Sciences
1988 Arthur C. Cope Scholar Award, American Chemical Society
1988 American Academy of Arts and Sciences
1992 C. S. Hamilton Award, University of Nebraska
1992 Mack Award, Ohio State University
1992 Fellow, American Association for the Advancement of Science
1992 Pfizer Research Award for Synthetic Organic Chemistry, Pfizer, Inc.
1996 Remsen Award, Maryland Section, American Chemical Society
1997 Yamada Prize, University of Tokyo, Japan
1998  Tetrahedron Prize
1998  Robert Robinson Award from the Royal Society of Chemistry, UK
1999  The Prelog Medal, ETH, Zurich Switzerland
2000 Arthur C. Cope Award, American Chemical Society
2001 Elected to The Royal Society of Chemistry
2002 California Institute of Technology, Distinguished Alumni Award
2003 The Nagoya Medal, Nagoya University, Japan
2003 Karl Ziegler Prize, Max Planck, Muelheim, Germany
2005 Willard Gibbs Medal, Chicago Section of the American Chemical Society
2006 Ryoji Noyori Prize, Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan
2006 Thomson Scientific Laureate in Chemistry, Thomson Scientific
2006 Glenn T. Seaborg Medal, awarded by the University of California, Los Angeles
2007 Herbert C. Brown Award for Creative Research in Synthetic Methods, sponsored by the American Chemical Society
2007 Phi Beta Kappa Teaching Prize for Contributions to Undergraduate Education 2008      Elected Fellow of the Royal Society of Chemistry, UK
2008 Humboldt Research Award for Senior Scientists, the Alexander von Humboldt Foundation
2008 Elected Fellow of the Royal Society of Chemistry, UK
2010 ACS Award for Creativity in Molecular Design and Synthesis
2012 Welch Prize in Chemistry, awarded by the Welch Foundation
2013 Roger Adams Award

研究概要

新規方法論を用いる複雑天然物の全合成

彼の名を冠するもっとも有名な人名反応は、アミノ酸由来のオキサゾリジノン不斉補助基を備えた基質を用いるEvansアルドール反応だろう[1]。常に信頼性が高く、大量合成にも適用可能で、立体化学の予測もしやすい。このため多くの複雑化合物合成に適用されてきた。不斉アリルホウ素化とならび、鎖状化合物の骨格構築+立体制御を行う目的には、現在でも定番的に使われる。(参考:炭素を繋げる王道反応:アルドール反応(3))

evans_aldol_1.gif

そのほかにもアニオニックオキシ-コープ転位、触媒的ヒドロホウ素化、ビスオキサゾリン不斉配位子の開発など、現在でも通用する数々の重要反応に関する研究で成果を上げている。
また、それらの反応を巧みに活用して、巨大複雑天然物を数多く全合成している。

コメント&その他

  1. アメリカの有機合成化学界における大ボスの一人です。アメリカの若手有機合成化学者のほとんどは、Corey派閥かEvans派閥に属すると言われています。
  2. 化学構造式描画ソフトChem-Drawの開発者でもあり、現在全世界で最も化学者に使われているソフトウェアである。[2] [記事はこちら]

関連動画

関連文献

  1. (a) Evans, D. A.; Vogel, E.; Nelson, J. V. J. Am. Chem. Soc. 1979101, 6120. DOI:10.1021/ja00514a045 (b) Evans, D. A.; Bartroli, J.; Shih, T. L. J. Am. Chem. Soc. 1981103, 2127. DOI: 10.1021/ja00398a058  (c) Evans, D. A. Aldrichimica Acta 198215, 23. (d) Recent Review: Heravi, M. M.; Zadsirjan, V. Tetrahedron: Asymmetry 2013, 24, 1149.
  2. Evans, D. A. Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53, 11140.  DOI: 10.1002/anie.201405820
  3. “A view from the far side. Memorable characters and interesting places”. Evans, D. A. Tetrahedron  1990, 55, 8589. doi:10.1016/S0040-4020(99)00436-6

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジョージ・クラフォード M. George Craford
  2. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos
  3. トーマス・トーレス Tomas Torres
  4. 浦野 泰照 Yasuteru Urano
  5. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr…
  6. ピーター・シュルツ Peter G. Schultz
  7. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya
  8. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. whileの使い方
  2. パターノ・ビューチ反応 Paterno-Buchi Reaction
  3. 富山化学 「YP-18 」の開発を開始
  4. 2009年10大分子発表!
  5. カーボン系固体酸触媒
  6. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見
  7. ターボグリニャール試薬
  8. 日本化学会第85回春季年会
  9. ChemDrawの使い方 【基本機能編】
  10. 分子模型を比べてみた

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

ご長寿化学者の記録を調べてみた

先日、G. Stork教授の論文に関するポストがありました。御年95歳という研究者でありながら、学術…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP