[スポンサーリンク]


2020年 1月 21日

  1. 第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

    第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プソイドロタキサン、ロタキサンおよびカテナン型の自己組織化、ならびに内包メタロフラーレンおよびイオン液体の研究を行っています。それではインタビ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. クリスチャン・ハートウィッグ Christian Hertweck
  2. 阪大と理研ビタミン、透明な生分解性フィルムを開発
  3. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric Acid
  4. 112番元素にコペルニクスに因んだ名前を提案
  5. アルカリ金属でメトキシアレーンを求核的にアミノ化する
  6. 高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして
  7. ビニル位炭素-水素結合への形式的分子内カルベン挿入

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP