[スポンサーリンク]

archives

テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylammonium Bifluoride

T1295.gif

トリフラート類の求核的フッ素化反応

Shinらは,トリフラート類の求核的フッ素化反応について報告しています。それによれば,アルコールのフッ素化において,まずトリフラートに誘導し,ついでフッ素化剤として弱塩基性のテトラブチルアンモニウムビフルオリドを用いることにより,脱離反応による副生成物を最小限に抑え,高収率で目的のフッ素化合物を得ることができます。

K.-Y. Kim, B. C. Kim, H. B. Lee, H. Shin, J. Org. Chem. 2008, 73, 8106.

 

関連記事

  1. イオン液体のリチウムイオン電池向け電解液・ ゲル電解質への応用【…
  2. Nsアミン誘導体
  3. 田辺シリル剤
  4. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Sal…
  5. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroace…
  6. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  7. フタロシアニン鉄(II) : Phthalocyanine Ir…
  8. ラボからのスケールアップ再現性手法【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製
  2. とある社長の提言について ~日本合成ゴムとJSR~
  3. スイス・ロシュの1―6月期、純利益4%増
  4. 細胞の中を旅する小分子|第一回
  5. ブーボー・ブラン還元 Bouveault-Blanc Reduction
  6. 未来社会創造事業
  7. キラルアミンを一度に判別!高分子認識能を有するPd錯体
  8. 日本国際賞―受賞化学者一覧
  9. 交差アルドール反応 Cross Aldol Reaction
  10. SPring-8って何?(初級編)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP