[スポンサーリンク]

archives

テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylammonium Bifluoride

T1295.gif

トリフラート類の求核的フッ素化反応

Shinらは,トリフラート類の求核的フッ素化反応について報告しています。それによれば,アルコールのフッ素化において,まずトリフラートに誘導し,ついでフッ素化剤として弱塩基性のテトラブチルアンモニウムビフルオリドを用いることにより,脱離反応による副生成物を最小限に抑え,高収率で目的のフッ素化合物を得ることができます。

K.-Y. Kim, B. C. Kim, H. B. Lee, H. Shin, J. Org. Chem. 2008, 73, 8106.

 

関連記事

  1. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際【終了】
  2. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl …
  3. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  4. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  5. ジボラン(diborane)
  6. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル…
  7. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  8. イソプロポキシボロン酸ピナコール:Isopropoxyboron…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. インフルエンザ対策最前線
  2. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition
  3. 触媒的syn-ジクロロ化反応への挑戦
  4. 「無機化学」とはなにか?
  5. 味の素と元社員が和解 人工甘味料の特許訴訟
  6. タンパク質の非特異吸着を抑制する高分子微粒子の合成と応用
  7. クレアチン creatine 
  8. その電子、私が引き受けよう
  9. トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場
  10. 高活性な不斉求核有機触媒の創製

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP