[スポンサーリンク]

archives

テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylammonium Bifluoride

T1295.gif

トリフラート類の求核的フッ素化反応

Shinらは,トリフラート類の求核的フッ素化反応について報告しています。それによれば,アルコールのフッ素化において,まずトリフラートに誘導し,ついでフッ素化剤として弱塩基性のテトラブチルアンモニウムビフルオリドを用いることにより,脱離反応による副生成物を最小限に抑え,高収率で目的のフッ素化合物を得ることができます。

K.-Y. Kim, B. C. Kim, H. B. Lee, H. Shin, J. Org. Chem. 2008, 73, 8106.

 

関連記事

  1. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric A…
  2. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデ…
  3. TFEDMA
  4. 不斉配位子
  5. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethy…
  6. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaph…
  7. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylma…
  8. ケムステ国際版・中国語版始動!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 最近の有機化学論文2
  2. ジョージ・クラフォード M. George Craford
  3. C-H活性化触媒を用いる(+)-リゾスペルミン酸の収束的合成
  4. ヘテロ環ビルディングブロックキャンペーン
  5. グローバルCOE審査結果
  6. 光で形を変える結晶
  7. 薬学会年会も付設展示会キャンペーンやっちゃいます
  8. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet
  9. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek
  10. 第六回サイエンス・インカレの募集要項が発表

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

PAGE TOP