[スポンサーリンク]

archives

テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylammonium Bifluoride

[スポンサーリンク]

T1295.gif

トリフラート類の求核的フッ素化反応

Shinらは,トリフラート類の求核的フッ素化反応について報告しています。それによれば,アルコールのフッ素化において,まずトリフラートに誘導し,ついでフッ素化剤として弱塩基性のテトラブチルアンモニウムビフルオリドを用いることにより,脱離反応による副生成物を最小限に抑え,高収率で目的のフッ素化合物を得ることができます。

K.-Y. Kim, B. C. Kim, H. B. Lee, H. Shin, J. Org. Chem. 2008, 73, 8106.

 

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. 【9月開催】第十一回 マツモトファインケミカル技術セミナー   …
  2. ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!
  3. 【4月開催】第七回 マツモトファインケミカル技術セミナー
  4. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)…
  5. ラボからのスケールアップ再現性手法【終了】
  6. コランヌレン : Corannulene
  7. マテリアルズ・インフォマティクスに欠かせないデータ整理の進め方と…
  8. マテリアルズ・インフォマティクスの導入・活用・推進におけるよくあ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第17回ケムステVシンポ『未来を拓く多彩な色素材料』を開催します!
  2. 品川硝子製造所跡(近代硝子工業発祥の碑)
  3. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromination
  4. プラテンシマイシン /platensimycin
  5. 高効率・高正確な人工核酸ポリメラーゼの開発
  6. 株式会社ナード研究所ってどんな会社?
  7. ケムステ海外研究記 まとめ【地域別/目的別】
  8. 密閉容器や培養液に使える酸素計を使ってみた!
  9. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【終了】
  10. 英会話イメージリンク習得法―英会話教室に行く前に身につけておきたいネイティブ発想

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2010年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

接着系材料におけるmiHub活用事例とCSサポートのご紹介

開催日:2024/06/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

水素原子一個で強力な触媒をケージング ――アルツハイマー病関連のアミロイドを低分子で副作用を抑えて分解する――

第 619 回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 薬学系研究科 有機合成化学…

ミツバチに付くダニに効く化学物質の研究開発のはなし

今回は東京大学大学院有機化学研究室 滝川 浩郷先生、小倉 由資先生が主導されている研究内容につき…

化学結合の常識が変わる可能性!形成や切断よりも「回転」プロセスが実は難しい有機反応

第 617 回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 有機…

【書評】元素楽章ー擬人化でわかる元素の世界

元素の特性に基づくキャラクターデザインとフィクションの要素を融合させ,物語にまで昇華させた,待望…

デルゴシチニブ(Delgocitinib)のはなし 日本発の非ステロイド系消炎外用薬について

Tshozoです。 小さいころ法事などの集まりで爺様方が集まってやれ体の不調だの通院だのと盛…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP