[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

[スポンサーリンク]

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プソイドロタキサン、ロタキサンおよびカテナン型の自己組織化、ならびに内包メタロフラーレンおよびイオン液体の研究を行っています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

高校時代には化学を楽しみ、普通のティーンエイジャーのようなことを、亜鉛の粉と硫黄のロケットと電気メッキを使ってやっていました。化学工学を目指して大学生活を始めたのですが、当時ペンとインド製インクを使っていた技術製図がとても大変で、つまずいてしまいました。化学全般は得意だったので、化学を専攻することにしました。ラボでの経験、特に分析と有機化学は本当に楽しく、ハマってしまいました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

大学生の時はジェット機のパイロットになりたかったのですが、骨腫瘍と足の骨折が夢を諦めさせました。

もし他の職業を選べたとしたら、ジャズミュージシャンになっているでしょう。高校を卒業してから正式なトレーニングを受けたことはないものの、ジャズ、古典、ブルース、ファンクといった素晴らしい音楽CDとともに、ドラム叩きをたしなんでいます。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

一般には理解されない多くの方法で、化学者は社会に多大な貢献をしてきました。医療から衣料、エレクトロニクスに至るまで、さまざまな分野で貢献しています。石油原料の枯渇による原料の変化もあり、我々の貢献はますます重要になると考えています。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

私がこれまで考えたこともない仮想的な質問ですね―あまりにも実利的だと思います。偉大なジャズピアニスト、セロニアス・モンクを選ぶと思います。真に独創的な演奏をするとき、彼の心はどう動いていたのかが知りたいです。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

手帳によると、1988年8月25日でした。DMF中でNaHを用いて2‐メトキシカルボニル‐1,2‐ジヒドロイソキノリンとベンズアルデヒドとの反応を行ったところ、二つのジアステレオ異性体の炭酸塩が54:46の比で生成しました。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

CDについては、モンクのコンピレーションか、もう一人のスウィングピアニスト、モンティ・アレキサンダー。どちらかを選ぶのはとても難しいです。

本については、スティーブン・アンブローズによる第二次世界大戦に関する1冊など、歴史書を選ぶでしょう。

 

原文:Reactions – Harry Gibson

※このインタビューは2008年1月11日に公開されました。

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第140回―「製薬企業のプロセス化学研究を追究する」Ed Gra…
  2. 第55回―「イオン性液体と化学反応」Tom Welton教授
  3. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーP…
  4. 第11回 触媒から生命へー金井求教授
  5. 第44回「100%の効率を目指せば、誤魔化しのないサイエンスが見…
  6. 第163回―「微小液滴の化学から細胞系の仕組みを理解する」Wil…
  7. 第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser…
  8. 第78回―「膜タンパク質の分光学的測定」Judy Kim教授

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【21卒イベント 大阪開催2/26(水)】 「化学業界 企業合同説明会」
  2. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolactonizaion
  3. 第72回―「タンパク質と融合させた高分子材料」Heather Maynard教授
  4. 高専の化学科ってどんなところ? -その 1-
  5. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー3
  6. 英グラクソスミスクライン、抗ウイルス薬を大幅値引きへ
  7. 高機能・高性能シリコーン材料創製の鍵となるシロキサン結合のワンポット形成
  8. 細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進
  9. ニトリル手袋は有機溶媒に弱い?
  10. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP