[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

まず励起せんと(EnT)!光触媒で環構築

[スポンサーリンク]

アザアセナフテンの骨格構築法として、位置選択的なperi-[3+2]付加環化反応が開発された。EnTSETを組み合わせて環構造を構築したことが本反応の鍵である。

peri-[3+2]付加環化反応を用いたアザアセナフテンの合成

 アザアセナフテン骨格は天然物(delavatine A)や医薬品候補分子(camptothecin類縁体)などに含まれる[1]。これまで本骨格は、エタノ架橋形成反応や分子内での(ヘテロ)芳香環合成により構築されてきたが、いずれも多工程を要することが課題であった(1A)

近年、ヘテロ芳香環に環構造を直接導入する手法として、光触媒によるエネルギー移動(EnT)を利用した付加環化反応が注目される。これまで[2+2]付加環化や、ビラジカルを経由する[4+2]付加環化が報告されている(1B)。キノリンを基質とした場合、脱芳香族的に[4+2]付加環化が進行し、ビシクロ骨格が得られる[2]。また、C6位にハロゲンをもつキノリンとアルケニルハライドとの反応では、[2+2]付加環化およびシクロプロパン化が進行して四環式化合物を与える[3]

今回著者らは、光触媒を用いてキノリンとアルキンからアザアセナフテン骨格を構築する手法を見いだした(1C)。光触媒からのEnTによりキノリンが励起され、置換アルキンとperi-[3+2]付加環化反応を起こす。続いて、一電子移動(SET)を経る再芳香族化でアザアセナフテン骨格が構築できる。本反応は、光触媒が環化と再芳香族化の二つの段階に関与する。光触媒によるEnTSETが連続する環構築は、窒素脱離をともなうピロール合成[4]E/Z異性化を経由するクマリン合成[5]が知られるが、本研究により二つの環を架橋する新たな形式の環構築法が示された。

図1. (A) アザアセナフテン骨格をもつ分子 (B) EnTによる環化付加反応 (C) 本研究

 

Visible-Light Photocatalyzed peri-[3+2] Cycloadditions of Quinolines

Bellotti, P.; Rogge, T.; Paulus, F.; Laskar, R.; Rendel, N.; Ma, J.; Houk, K. N.; Glorius, F.

J. Am. Chem. Soc. 2022, 144, 15662–15671DOI: 10.1021/jacs.2c05687

論文著者の紹介

研究者:Kendall N. Houk ケムステ (研究室HP)

研究者の経歴:

1968                               Ph.D., University of Harvard, USA (Prof. R. B. Woodward)

1968–1980                  Assistant Professor, Associate Professor, Professor, Louisiana State University, USA

1980–1986                  Professor, University of Pittsburgh, USA

1986–2021                  Professor, University of California, Los Angeles (UCLA), USA

2009–2021                  Saul Winstein Chair in Organic Chemistry, UCLA, USA

2021–                             Distinguished Research Professor, UCLA, USA

研究内容:理論有機化学、計算有機化学

 

研究者:Frank Glorius ケムステ (研究室HP)

 研究者の経歴:

2000                               Ph.D., University of Basel, Switzerland, and Max Planck Institute for Coal Research, Mülheim/Ruhr, Germany (Prof. A. Pfaltz)

2000–2001                  Postdoc, Harvard University, USA (Prof. D. A. Evans)

2001–2004                  Independent Researcher, Max Planck Institute for Coal Research, Mülheim/Ruhr, Germany (Prof. A. Fürstner)

2004–2007                  Associate Professor, University of Marburg, Germany

2007–                             Professor, University of Münster, Germany

研究内容:新触媒開発、材料科学、機能性分子デザイン、分子機械学習

論文の概要

 HFIP中、光触媒[Ir-F][PF6]存在下、8位に電子求引性基をもつキノリン誘導体1とアルキン2405 nmLED光を照射すると、高い位置選択性かつジアステレオ選択性でアザアセナフテン3が得られた(2A)。本反応は、メチルエステルが置換したキノリン1aと、対称なニ置換アルキン2aに適用でき、高いジアステレオ選択性で所望のアザアセナフテン3aを与えた。一置換アルキンに対しても、高い位置選択性で反応が進行し、キノリン3bが得られる。また、シクロヘキシル基をもつキノリン1cC6位にフルオロ基をもつキノリン1dにも適応可能で、対応するアザアセナフテン3c3dを与えた。さらに、本反応はフェナントロリン1e1fを用いても位置選択的な環構築ができ、3e3fが生成した。

 続いてDFT計算により付加環化反応の遷移状態を比較すると、C4位よりもC6およびC8位での結合形成の活性化エネルギーが、それぞれ10.7および23.7 kcal/mol高いことがわかった(2B)。すなわち、本反応ではキノリンのC5位でアルキンと反応した後、最も速度論的に有利なC4位での結合形成が進行し、アザアセナフテン骨格を与えたと推察される。

 推定反応機構を以下に示す(2C)。まず、EnTでキノリン1Aが励起三重項状態3Aとなった後、アルキンとの[3+2]付加環化反応によりビラジカル3Bを与える。3Bが励起された*[Ir-F]+により酸化されラジカルカチオン2Cが生成する。その後、1Aが塩基として作用しラジカル2Dが得られる。2D[Ir-F]により還元された後、1,2-ヒドリドシフト、続く、プロトン化によって所望のantiジアステレオマー1Gが得られる。

 以上、EnTSETを組み合わせてキノリンから一段階でアザアセナフテン骨格を構築する反応が開発された。今後、EnT/SET機構を用いた合成困難な分子骨格の構築法の開発に、さらなる拍車がかかると期待される。

 参考文献

  1. (a) Zhang, Z.; Wang, J.; Li, J.; Yang, F.; Liu, G.; Tang, W.; He, W.; Fu, J. J.; Shen, Y. H.; Li, A.; Zhang, W. D. Total Synthesis and Stereochemical Assignment of Delavatine A: Rh-Catalyzed Asymmetric Hydrogenation of Indene-Type Tetrasubstituted Olefins and Kinetic Resolution through Pd-Catalyzed Triflamide-Directed C−H Olefination. J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 5558− DOI: 10.1021/jacs.7b01718 (b) Sugimori, M.; Ejima, A.; Ohsuki, S.; Uoto, K.; Mitsui, I.; Matsumoto, K.; Kawato, Y.; Yasuoka, M.; Sato, K. Antitumor Agents. VII. Synthesis and Antitumor Activity of Novel Hexacyclic Camptothecin Analogs. J. Med. Chem. 1994, 37, 3033–3039. DOI: 10.1021/jm00045a007
  2. Ma, J.; Chen, S.; Bellotti, P.; Guo, R.; Schäfer, F.; Heusler, A.; Zhang, X.; Daniliuc, C.; Brown, M. K.; Houk, K. N.; Glorius, F. Photochemical Intermolecular Dearomative Cycloaddition of Bicyclic Azaarenes with Alkenes. Science 2021, 371, 1338– DOI: 10.1126/science.abg0720
  3. Ma, J.; Chen, S.; Bellotti, P.; Wagener, T.; Daniliuc, C.; Houk, K. N.; Glorius, F. Facile Access to Fused 2D/3D Rings via Intermolecular Cascade Dearomative [2+2] Cycloaddition/Rearrangement Reactions of Quinolines with Alkenes. Nat. Catal. 2022, 5, 405–413. DOI: 10.1038/s41929-022-00784-5
  4. Xuan, J.; Xia, X.-D.; Zeng, T.-T.; Feng, Z.-J.; Chen, J.-R.; Lu, L.-Q.; Xiao, W.-J. Visible-Light-Induced Formal [3+2] Cycloaddition for Pyrrole Synthesis under Metal-Free Conditions. Angew. Chem., Int. Ed. 2014, 53, 5653– DOI: 10.1002/anie.201400602
  5. Metternich, J. B.; Gilmour, R. One Photocatalyst, n Activation Modes Strategy for Cascade Catalysis: Emulating Coumarin Biosynthesis with (–)-Riboflavin. J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 1040– DOI: 10.1021/jacs.5b12081

山口 研究室

投稿者の記事一覧

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

関連記事

  1. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタ…
  2. アイルランドに行ってきた①
  3. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?
  4. 反芳香族性を有する拡張型フタロシアニン
  5. DNAナノ構造体が誘起・制御する液-液相分離
  6. ChemTile GameとSpectral Game
  7. Merck Compound Challengeに挑戦!【エント…
  8. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【11月開催】第十三回 マツモトファインケミカル技術セミナー   二酸化炭素を原料とした有機化学物質の合成における有機金属化合物触媒の利用
  2. ジ-π-メタン転位 Di-π-methane Rearrangement
  3. 高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復”
  4. チャート式実験器具選択ガイド:スパチュラ・グローブ編
  5. フェン・チャン Feng Zhang
  6. 『リンダウ・ノーベル賞受賞者会議』を知っていますか?
  7. 生体深部イメージングに有効な近赤外発光分子の開発
  8. Nature Reviews Chemistry創刊!
  9. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elimination of Sulfoxide/Selenoxide
  10. 第83回―「新たな電池材料のモデリングと固体化学」Saiful Islam教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP