[スポンサーリンク]


2020年 3月 16日

  1. 第72回―「タンパク質と融合させた高分子材料」Heather Maynard教授

    第72回の海外化学者インタビューは、ヘザー・メイナード教授です。カリフォルニア大学ロサンゼルス校化学・生化学科に所属し、ポリマーおよび表面へのタンパク質結合に関する研究と生物医学およびナノテクノロジーへの応用を行っています。それではインタビ…

  2. 21世紀に入り「世界同時多発研究」は増加傾向に

    ケムステをはじめ、各所で取りざたされてきた「世界同時多発研究」。「一つのアイデアを思い付いたら、同じ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 年収で内定受諾を決定する際のポイントとは
  2. 生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料
  3. 化学者のためのエレクトロニクス講座~化合物半導体編
  4. 信越化学、日欧でセルロース増産投資・建材向け堅調
  5. 向山アルドール反応40周年記念シンポジウムに参加してきました
  6. アルケンでCatellani反応: 長年解決されなかった副反応を制御した
  7. 高校教科書に研究が載ったはなし

注目情報

最新記事

尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜

皆さん、尿酸値は気にしてますか? ご存知の通り、ビールやお肉に豊富に含まれるプリ…

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

PAGE TOP