[スポンサーリンク]

一般的な話題

21世紀に入り「世界同時多発研究」は増加傾向に

[スポンサーリンク]

ケムステをはじめ、各所で取りざたされてきた「世界同時多発研究」。「一つのアイデアを思い付いたら、同じことを考えている人は、世界に3人居ると思え」と筆者の学生時代には口うるさく教えられたものです。しかし現代では、3人どころの話では済まなくなっているようにも感じます。

今回は、『科学論文における”Twinning(双子)”が 21世紀に入って増えている』と指摘する、Angew. Chem. Int. Ed.のエッセイを紹介します。

“21st Century, More Twins in Scientific Literature: Intentional or Accidental ?”
Mainkar, P.; V. Ambica, Chandrasekhar, S. Angew. Chem. Int. Ed. 2020, doi:10.1002/anie.201915777

1900~2000年代初頭ぐらいまで、「双子」研究論文はあくまで偶発的なものでした。それ以前にも全く例が無かったわけでは無く、エッセイ中では下記の論文が例示されています。

  • 酸素の発見(Priestley 1774 vs Scheele 1772 vs Lavoisier 1775)
  • 自然淘汰進化論(Darwin 1859 vs Wallace 1858)
  • DNAの発見(Crick, Watson, Wilkins vs その他)

有機合成分野を例に取ると、競争原理が強まった結果、典型的な例も多く知られるようになりました。たとえば全合成分野におけるWoodward, CoreyのErythronolide合成、Halton, Nicolaou, Danishefsky, WenderらによるTaxol合成などは有名です。近年ではコンビナトリアル化学有機触媒C-H活性化グリーンケミストリーLate-Stage Functionalizationなどのキーワードに沿う同時多発研究は、偶発的のレベルを超え、枚挙に暇がなくなっています。最近では被った人同士で政治的に摺り合わせ、共著・共同研究の体裁に落ち着けているのでは?と思える事例もあるほどです。

以前にも過去記事で考察しましたが、最新情報はネットを通じてすぐさま共有されてしまう時代です。「アイデアの源が誰しも同じになっている」「同じ『最近のキー論文』を参考にした上でヨーイドンで取り組み始める」ことはすでに普通です。手書き論文・紙論文の時代とは隔世と言えます。加えて学会・ポスター発表のオンライン化、公開データベースの整備、オープンアクセス潮流の台頭、論文レコメンデーションAIなどの発展も進み、誰もが同じデータソースを参照する傾向には、拍車がかかっているといえそうです。

情報爆発の帰結として、「流行分野・バズワードを安易に取り入れる」「タイトル・アブストラクトのみの表面的な文献調査を行う」「時間がないため論文を丁寧に読めない」ままに研究テーマを組む人が増えている事実も指摘されています。

「ファンディング機関がお題の決まったものにグラントを与える」傾向も双子論文の生産を加速するとされます。

「発表の場であるジャーナル数が増えた」「(中印の台頭により)同分野の研究者人口が増えた」ことも当然ながら手伝っているでしょう。特に前者については、編集部はジャーナル毎に独立なわけで、窓口が増えた分、並行審査中の論文を全て把握することは誰にとっても困難になっています。

こういう事情から、投稿日がタイムスタンプとして記録される一元化窓口=プレプリントの検討ニーズはいよいよ増しているように思います。「プレプリントとして公開=先取権を主張できる」ことは、少なくとも科学者コミュニティ内においては明確に受け入れられています。とはいえあくまで科学者の善性によって成り立つ話でしかありません。「査読無し論文」の扱いであることは留意すべきであり、悪意をもってすればScoop可能です(ただしそういう姿勢が、科学者コミュニティからの村八分を生むことは容易に想像できるでしょう。詳しくはこちらこちらの議論を参照下さい)。化学界において、プレプリントの理解増進状況はまだまだですので、各自で勉強しておく必要があるでしょう。必要な情報提供は、自分としても引き続き行って行こうと思います。

AI 時代においては「双子論文発表」の傾向はより強まり、双子どころか多数のクローンが登場するだろう、とまでエッセイ中では述べられています。人間の創造性はバズワードやAIに毀損されてしまうのでしょうか?これは科学者全員が考えていかねば成らないことでしょう。ほんの20年前と比べても、創造性の発露が難しくなっていることは確かです。時の評価に耐える問題設定こそが、現代の研究者にはいっそう求められているといえそうです。

 

関連文献

  1. “Ten simple rules to consider regarding preprint submission” Bourne, P. E.; Polka, J. K.; Vale, R. D.; Kiley, R. PLOS Comput. Biol. 2017, 13, e1005473. doi:10.1371/journal.pcbi.1005473

ケムステ関連記事

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. MRS Fall Meeting 2012に来ています
  2. 【22卒就活スタートイベント】Chemical Live(ケミカ…
  3. 2013年ノーベル化学賞は誰の手に?トムソンロイター版
  4. 学振申請書を磨き上げる11のポイント [文章編・前編]
  5. 【22卒就活イベント(東京・大阪)/修士1年 技術系職種志望者対…
  6. 酵素合成と人工合成の両輪で実現するサフラマイシン類の効率的全合成…
  7. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—C 結合で切る
  8. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—X 結合で切る

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築
  2. 化学の資格もってますか?
  3. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers
  4. 付設展示会に行…けなくなっちゃった(泣)
  5. ヘゲダス遷移金属による有機合成
  6. 国際化学五輪、日本代表に新高校3年生4人決定/化学グランプリ2017応募始まる
  7. 有機化学命名法
  8. ブルック転位 Brook Rearrangement
  9. 住友チタニウム、スポンジチタン生産能力を3割増強
  10. 分子で作る惑星、その名もナノサターン!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

不溶性アリールハライドの固体クロスカップリング反応

第305回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院工学研究院 (伊藤研究室)・瀬尾 珠恵さんにお…

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP