[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ウォルフ転位 Wolff Rearrangement

 

概要

ジアゾケトンの脱窒素で生じたカルベンがケテンに転位する反応。ケテンは水やアルコールで捕捉され、対応するカルボン酸やエステルを与える。環状化合物のWolff転位は有効な環縮小反応である。

酸塩化物とジアゾメタンとの反応で生じるジアゾケトンのWolff転位は、特にArndt-Eistert合成と呼ばれ、カルボン酸の1炭素伸長法として有用である。

基本文献

  • Wolff, L. Liebigs Ann. Chem. 1902, 325, 129.
  • Wolff, L. Ann. 1912, 394, 25.
  • Meier, H.; Zeller, K.-P. Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 197514, 32. doi:10.1002/anie.197500321
  • Torres, M.; Lown, W. M.; Gunning, H. E.; Strausz, O. P. Pure Appl. Chem. 1980, 52, 1623. doi:10.1351/pac198052061623
  • Gill, G. B. Comprehensive Organic Synthesis 19913, 887.
  • Yogev. A.; Loewenstein, R. M. J.; Amar, D. Chem. Rev. 199494, 1091. DOI: 10.1021/ja00759a010
  • Kirmse, W. Eur. J. Org. Chem. 2002, 2193. [abstract]

 

反応機構

α-ケトカルベン中間体を経由する機構が提唱されている。(参考:J. Am. Chem. Soc. 1996118, 1551; J. Am. Chem. Soc. 1999121, 5930.)
wolff_rearr_2.gif

反応例

wolff.4.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

関連反応

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 鈴木・宮浦クロスカップリング Suzuki-Miyaura Cr…
  2. フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole …
  3. ショッテン・バウマン反応 Schotten-Baumann Re…
  4. 1,2-/1,3-ジオールの保護 Protection of 1…
  5. マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rul…
  6. トラウベ プリン合成 Traube Purin Synthesi…
  7. サレット・コリンズ酸化 Sarett-Collins Oxida…
  8. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroam…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 力をかけると塩酸が放出される高分子材料
  2. Reaxys体験レポート反応検索編
  3. 顕微鏡で有機分子の形が見えた!
  4. 北川 進 Susumu Kitagawa
  5. 薄層クロマトグラフィ / thin-layer chromatography (TLC)
  6. ビギネリ反応 Biginelli Reaction
  7. 還元的アルドール反応 Reductive Aldol Reaction
  8. シス型 ゲラニルゲラニル二リン酸?
  9. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya
  10. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)(CO)3 Complex

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP