[スポンサーリンク]


2020年 9月 18日

  1. DNAナノ構造体が誘起・制御する液-液相分離

    第274回のスポットライトリサーチは、佐藤佑介 博士にお願いしました。液-液相分離は近年の一大トピックとなっている細胞内化学現象の一つであり、様々な生命現象およびその制御機構の足場になると考えられています。佐藤さんは東京工業大学情報…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明
  2. 【日本精化】新卒採用情報(2024卒)
  3. 第119回―「腸内細菌叢の研究と化学プロテオミクス」Aaron Wright博士
  4. 創造化学研究所、環境負荷の少ない実証ベンチプラント稼動へ
  5. 子ども向け化学啓発サイト「うちラボ」オープン!
  6. 化合物と結合したタンパク質の熱安定性変化をプロテオームワイドに解析
  7. 有機合成化学協会誌2018年2月号:全アリール置換芳香族化合物・ペルフルオロアルキル化・ビアリール型人工アミノ酸・キラルグアニジン触媒・[1,2]-ホスファ-ブルック転位

注目情報

最新記事

マリンス有機化学(上)-学び手の視点から-

概要親しみやすい会話形式を用いた現代的な教育スタイルで有機化学の重要概念を学べる標準教科書.…

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

PAGE TOP