[スポンサーリンク]

ケムステニュース

住友チタニウム、スポンジチタン生産能力を3割増強

住友チタニウムは18日、2006年4月をめどにスポンジチタンの生産能力を現在の年1万8000トンから3割増強して年2万4000トンにすると発表した。設備投資額は63億円。中国での電力・化学プラントや新機種の開発を進める航空機メーカーでチタン需要が拡大しているのに対応する。(引用:日本経済新聞

 

スポンジチタンってなんぞや?そのままチタンのことだそうです。スポンジチタンはクロール法(Kroll process)と言う製法で精製されます。チタン鉱石を塩素化して四塩化チタンとし、さらに金属マグネシウムと反応させスポンジチタンとして取り出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連書籍

 


チタンのおはなし

 

金属チタン誕生までの経緯、純チタンとチタン合金の特性、加工法、用途、資源とリサイクル、将来展望などについて解説する。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 170年前のワインの味を化学する
  2. Jエナジーと三菱化が鹿島製油所内に石化製品生産設備を700億円で…
  3. 夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ
  4. MUKAIYAMA AWARD講演会
  5. 劣性遺伝子押さえ込む メンデルの法則仕組み解明
  6. 米FDA、塩野義の高脂血症薬で副作用警告
  7. 総合化学大手5社の前期、4社が経常減益
  8. タミフル―米国―厚労省 疑惑のトライアングル

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. お”カネ”持ちな会社たちー2
  2. 標準物質ーChemical Times特集より
  3. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収
  4. 機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム
  5. ユニークな名前を持つ配位子
  6. バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement
  7. 国際化学オリンピックで日本代表4人メダル受賞
  8. 有機化学者のラブコメ&ミステリー!?:「ラブ・ケミストリー」
  9. 除虫菊に含まれる生理活性成分の生合成酵素を単離
  10. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP