[スポンサーリンク]

ケムステニュース

住友チタニウム、スポンジチタン生産能力を3割増強

[スポンサーリンク]

住友チタニウムは18日、2006年4月をめどにスポンジチタンの生産能力を現在の年1万8000トンから3割増強して年2万4000トンにすると発表した。設備投資額は63億円。中国での電力・化学プラントや新機種の開発を進める航空機メーカーでチタン需要が拡大しているのに対応する。(引用:日本経済新聞

 

スポンジチタンってなんぞや?そのままチタンのことだそうです。スポンジチタンはクロール法(Kroll process)と言う製法で精製されます。チタン鉱石を塩素化して四塩化チタンとし、さらに金属マグネシウムと反応させスポンジチタンとして取り出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連書籍

 


チタンのおはなし

 

金属チタン誕生までの経緯、純チタンとチタン合金の特性、加工法、用途、資源とリサイクル、将来展望などについて解説する。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復…
  2. ユネスコ女性科学賞:小林教授を表彰
  3. カネカ 日本の化学会社初のグリーンボンドを発行
  4. 育て!燃料電池を担う子供たち
  5. 医薬品の黄金世代到来?
  6. IBM,high-k絶縁膜用ハフニウムの特性解析にスパコン「Bl…
  7. 旭硝子が新中期計画、液晶・PDPガラス基板事業に注力
  8. ハーバード大Whitesides教授がWelch Awardを受…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  2. ライセルト反応 Reissert Reaction
  3. ステープルペプチド Stapled Peptide
  4. イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成
  5. ノッド因子 (Nod factor)
  6. フラーレンが水素化触媒に???
  7. Ph.D. Comics – Piled Higher and Deeper
  8. おっさんマウスが小学生マウスを襲う?待ったの決め手はフェロモンにあり
  9. 書籍「Topics in Current Chemistry」がジャーナルになるらしい
  10. エッシェンモーザーメチレン化 Eschenmoser Methylenation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州の…

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機

先日、ある機器メーカーの企業の研究所長とお会いした際、最近の採用面接の状況について話をした。…

麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ

(さらに…)…

Pallambins A-Dの不斉全合成

保護基を使用しない、pallambins A-Dの不斉全合成が初めて達成された。今後これらのジテルペ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP