[スポンサーリンク]

archives

HTTPS化とサーバー移転

[スポンサーリンク]

昨日、バックグラウンドで進めていたHTTPS化とサーバー移転を完了させ、本日完全リリースを行いました。

いくつか不具合が残っている部分もありましたが、現在ではほぼ解消いたしました。

HTTPS化(常時SSL)

昨年サーバーを移転しましたが、アクセス増加とセキュリティ対策の甘さから、サーバーに負荷がかかる・不正アクセスを受けることが多くなりました。現在のケムステのサイズでHTTPで公開しているのは自殺行為(攻撃の対象となりやすい)ということで、常時SSL、つまりHTPPS化しました。それに伴いアドレスが、

日本版 旧URL http://www.chem-station.com 新URL:https://www.chem-station.com

国際版 旧URL http://www.chem-station.com/en 新URL:https://en.chem-station.com

中国語版 旧URL http://www.chem-station.com/cn 新URL:https://cn.chem-station.com

に変更となりました。リダイレクトをかけていますので、既存のURLでもすべてつながります。

サーバー移転

SSL化に伴い、サーバーのスケールアウトや、アクセスが急増した場合にも対応できるようにクラウドコンピューティングサービスへと移行しました。サキュリティが高く、別途管理者が常時管理していますので、問題が起きた場合の対応や対策もすぐにとれるようにしました(管理費用は爆増しましたが)。

サイト構造の最適化

微細ですが、細かい部分に手を入れサイトの構造を最適化しました。

以上、今年はノーベル化学賞でもサーバーが落ちないケムステを目指しています(ここ数年毎回アクセス過多により落ちています)。

それでは今後ともよろしくお願いいたします。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium D…
  2. 炭酸ビス(ペンタフルオロフェニル) : Bis(pentaflu…
  3. りん酸2-(メタクリロイルオキシ)エチル2-(トリメチルアンモニ…
  4. (S,S)-(-)-2,2′-イソプロピリデンビス(…
  5. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジン…
  6. 目からウロコの熱伝導性組成物 設計指南
  7. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終…
  8. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric A…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. いざ、低温反応!さて、バスはどうする?〜水/メタノール混合系で、どんな温度も自由自在〜
  2. ケムステVシンポ「最先端有機化学」開催報告(前編)
  3. 駅トイレ光触媒で消臭
  4. インドール一覧
  5. 安全なジアゾ供与試薬
  6. メラトニン melatonin
  7. ハリー・グレイ Harry B. Gray
  8. 有機合成のための遷移金属触媒反応
  9. フタロシアニン-化学と機能-
  10. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyanate Rearrangement

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

但馬 敬介(TAJIMA Keisuke, 1974年7月23日 – )は、日本の高分子化学者である…

Carl Boschの人生 その10

Tshozoです。このシリーズも10回を迎えましたが筆者の人生は進んでいません。先日気づいた…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3

開講期間令和3(2021)年  9月8日(水)、9日(木)(計2日間)※状況により、we…

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP