[スポンサーリンク]

archives

(1-ジアゾ-2-オキソプロピル)ホスホン酸ジメチル:Dimethyl (1-Diazo-2-oxopropyl)phosphonate

ピラゾールリン酸類の合成

Smietanaらは3成分反応によるピラゾールリン酸類の合成について報告しています。それによれば,塩基の存在下,アルデヒド,シアノ酢酸誘導体および(1-ジアゾ-2-オキソプロピル)ホスホン酸ジメチル(大平-Bestmann試薬)を反応させることにより,温和な条件下でKnoevenagel縮合-形式1,3-双極子付加環化反応が連続して進行し,ワンポットでピラゾールリン酸誘導体が高収率で得られます。この反応を応用することにより,医薬品や農薬などの複雑な分子を簡便に合成することが可能となります。

“Three-Component Reaction Using the Bestmann–Ohira Reagent: A Regioselective Synthesis of Phosphonyl Pyrazole Rings”

K. Mohanan, A. R. Martin, L. Toupet, M. Smietana, J.-J. Vasseur, Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49, 3196. DOI: 10.1002/anie.200906781

mcontent

BOR-n to run: A new one-pot multicomponent reaction involving the use of an aldehyde, a cyanoacid derivative, and the Bestmann–Ohira reagent (BOR) has been developed for the synthesis of substituted phosphonyl pyrazoles. This process was also combined with a copper-catalyzed azide–alkyne 1,3-dipolar cycloaddition to generate five new bonds and two heterocyclic rings in a one-pot fashion.

 

関連記事

  1. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  2. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  3. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】
  4. 2-トリメチルシリル-1,3-ジチアン:1,3-Dithian-…
  5. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  6. π-アリルパラジウム錯体
  7. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…
  8. 位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 目からウロコの熱伝導性組成物 設計指南
  2. 自励振動ポリマーブラシ表面の創製
  3. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Aldol Reaction
  4. 神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発
  5. ステープルペプチド Stapled Peptide
  6. 力をかけると塩酸が放出される高分子材料
  7. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet Chloroalkylation
  8. ベーシック反応工学
  9. 自由研究にいかが?1:ルミノール反応実験キット
  10. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker Amine Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP