[スポンサーリンク]


2021年 6月 23日

  1. 但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

    但馬 敬介(TAJIMA Keisuke, 1974年7月23日 – )は、日本の高分子化学者である。半導体高分子を用いた有機太陽電池や様々な有機電子デバイスの研究を行っている。2021年現在、理化学研究所 創発物性科学研究センター チーム…

  2. Carl Boschの人生 その10

    Tshozoです。このシリーズも10回を迎えましたが筆者の人生は進んでいません。先日気づいた…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 地域の光る化学企業たち-1
  2. 3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応
  3. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation
  4. チン・リン Qing Lin
  5. 光で分子の結合状態を変えることに成功
  6. 第97回 触媒化学融合研究センター講演会に参加してみた
  7. 三中心四電子結合とは?

注目情報

最新記事

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

PAGE TOP