[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

Name Reactions: A Collection of Detailed Mechanisms and Synthetic Applications Fifth Edition

 

内容

In this fifth edition of Jack Jie Li’s seminal “Name Reactions”, the author has added twenty-seven new name reactions to reflect the recent advances in organic chemistry. As in previous editions, each reaction is delineated by its detailed step-by-step, electron-pushing mechanism and supplemented with the original and the latest references, especially from review articles. Now with addition of many synthetic applications, this book is not only an indispensable resource for advanced undergraduate and graduate students, but is also a good reference book for all organic chemists in both industry and academia.

Unlike other books on name reactions in organic chemistry, Name Reactions, A Collection of Detailed Reaction Mechanisms and Synthetic Applications focuses on the reaction mechanisms. It covers over 320 classical as well as contemporary name reactions.

(引用:書籍紹介ページより)

対象

大学院生以上、研究者

解説

有機人名反応の書籍で定評があるJack LiのName reaction。2009年の第4版以来、4年(5年弱)ぶりの第5版である。人名反応の書籍では一昔前にStrategic Applications of Named Reactions in Organic Synthesis(日本語訳本:人名反応に学ぶ有機合成戦略)が名著として話題になり、世界中でこの分野のベストセラーとなった。しかしながら英語版、日本語訳本ともに改訂はなされておらず、もうすぐ発売10年となる。ぜひともそろそろ改訂版をというところだが、今のところ予定はないようである。

それに対して、本書籍は2014年に発売された、現在人名反応で最も新しい書籍といってもいいだろう。とはいえど、全くの新書でなく人名反応の書籍としての走りとして発売され、改訂を重ねた第5版であるため信頼性も高い。特に日本より、米国ではこの書籍はこの分野の中で最も人気が高い書籍であり、知らないものはほとんどいない。

さて、具体的な内容であるが、これまでの第4版に比べて、27個の新しい人名反応を加えている。本当にその名前で呼ばれているかは真偽があるところではあるが、開発者、反応形式ともに認知されている反応である。また、当然ではあるが、夫々の人名反応にそれを使った合成反応の例として新しいものを追加している。また人名反応の開発者の簡単な略歴が参考文献の1番目に紹介されており、初学者にとっても化学者の自身の経歴も学びやすい。さらに、正直どうでもいいところであるが、時折反応の開発者にまつわる小さな挿絵が挿入されている。例えば、Beckmann rearrangementには ベックマン温度計の絵Büchner ring expansion にはブフナー漏斗の絵(しかもタイトルの前に謎のアイコン!)といったところである。そんなものが意味があるかと言われればないが、著者の遊びゴゴロが入っているところであろう。

反応形式で引くことができないのが難点であるが、人名反応をひと通り学ぼうと思っている学生、もしくは名前は聞いたことがある学生、研究者には辞書的に使うことができるだろう。最近はインターネットで調べるのも簡単で、我々の有機合成反応データベース「ODOS」やOrganic Chemistry Portalなどがあるので、以前よりは需要が減っていることを最後に付け加えておこう。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 実験室の笑える?笑えない!事故実例集
  2. 理系のためのフリーソフト Ver2.0
  3. 生涯最高の失敗
  4. ウォーレン有機化学
  5. 化学のブレークスルー【有機化学編】
  6. 化学に魅せられて
  7. 天然物の全合成―2000~2008
  8. Medical Gases: Production, Appli…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 透明なカニ・透明な紙:バイオナノファイバーの世界
  2. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終了】
  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧
  4. バイオディーゼル燃料による大気汚染「改善」への影響は…?
  5. ネフ反応 Nef Reaction
  6. 品川硝子製造所跡(近代硝子工業発祥の碑)
  7. どろどろ血液でもへっちゃら
  8. 最強の文献管理ソフトはこれだ!
  9. 国際化学オリンピックで日本代表4人メダル受賞
  10. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP