[スポンサーリンク]

一般的な話題

「一家に1枚」ポスターの企画募集

 

文科省では発明の日(4月18日)を含む一週間を「科学技術週間」と位置づけており、一般の方々が科学に触れ合えるようなイベントが各所で開催されます。

この科学技術週間を来年度も盛り上げるべく、「一家に1枚」ポスターの企画プロデューサーが募集されています。(詳細はこちらのPDFを参照ください)

この「一家に一枚」シリーズは、一般に科学を根付かせる取り組みの中では、かなり優れた効果をあげているものの一つに思えます。良いアイデアをお持ちの方は、ぜひとも提案してみてはいかがでしょう。締切は9/17(金)とあまり期間がないですが・・・。

さて、これまで6作品が公開されてきたという「一家に一枚」シリーズ。皆さんどんなものがあるかご存知でしょうか?科学技術週間公式ホームページの右側にリストアップされていますので、まとめて紹介してみましょう。

一家に1枚 周期表

ikka_genso.jpgこれは化学系の皆さんにとってはおなじみでしょう。
理化学研究所・玉尾皓平教授の指揮のもと作成された、これまでになかった楽しい周期表です。第4版まで出ている人気作品。

各元素にまつわる写真をふんだんに使い、普段身近に感じられない元素の意外な一面を解説してあります。上部には過去の自然科学系ノーベル賞受賞者の面々もずらりと勢揃い。日本の科学力の強さもアピールできています。

この周期表が人気を勝ち得たからこそ、のちのシリーズ継続につながったと言っても過言ではありません。まさに「一家に一枚」の原点です。

ダウンロードはこちら(A3第4版・PDF)

 

一家に1枚 ヒトゲノムマップ

ikka_genome.jpgヒトゲノムという言葉も有名になりました。
我々の体を記述する暗号ということは認知されているのでしょうが、詳しくはどうなっているのか?ということになると、専門的に過ぎるためか目に付く機会があまりないようです。
この「ヒトゲノムマップ」は、現在の生物学が明らかにしてきたゲノムの機能が、分かりやすくまとめられています。しかしこれだけ膨大な量があっても、それは知られるうちのわずか1%に過ぎないとのことで・・・人体というものがどれほど複雑なシステムであるか、よく分かるというものです。

ダウンロードはこちら(A3第2版・PDF)

 

一家に1枚 宇宙図 2007

ikka_utyuuzu.jpg先立ってのはやぶさフィーバーから伺えるように、人類の宇宙への熱い思いというのは、いつの時代も変わらないようです。
この「宇宙図」は、「宇宙に関する歴史と最新情報を、人間を中心にして描く」というコンセプトで作られています。黒バック白文字は、いつでもどこでも身近な宇宙を彷彿とさせてくれる定番デザイン。
しかし宇宙の世界には美麗な写真が山ほどあるでしょうに、もうすこし文字は少なくていいかなー、とも個人的には感じます。

ダウンロードはこちら(A3第2版・ZIP圧縮

 

一家に1枚 光マップ

ikka_hikarimap.jpg「光」は自然界に存在するものの中では、あまりに身近なものの一つ。その身近さ故に存在を意識せずとも生きていくことができるほどです。
しかし技術者たちは我々の生活を便利にすべく、そんな光を上手く活用しています。
この光マップはA3を2枚横につなげる変則版組みで描かれ、幅広い波長ごとに光がどのように作られ使われているかまとめられています。

ダウンロードはこちら(A3横連結版・PDF

 

一家に1枚 天体望遠鏡400年

ikka_bouenkyou.jpg
このポスターが作成された2009年は世界天文年。ガリレオによる望遠鏡の発明から400年を数える記念すべき年でした。
当時のお手製望遠鏡から現在の宇宙望遠鏡にいたるまで、技術の進歩とその歴史は脈々と続いています。望遠鏡の発展の様子がよくわかるポスターがこれです。
やはり人気の高い宇宙領域だけあって、いくつもの種類が出てきますね。

ダウンロードはこちら(A3版・PDF

 

一家に1枚 未来をつくるプラズマ

ikka_plasma.jpg
最新作はプラズマ・・・なんだかこれだけちょっと毛色が違うように感じられるのは、筆者の気のせいでしょうか?
プラズマテレビなどの単語が普及しつつある一方で、その中身は意外と知られていないという背景事情もあったのでしょう。配布には良いタイミングなのかも知れませんね。
プラズマならではのカラフルな画像群は圧巻です。

ダウンロードはこちら(A3版・PDF

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 英文読解の負担を減らすマウスオーバー辞書
  2. 【書籍】「喜嶋先生の静かな世界」
  3. 付設展示会に行…けなくなっちゃった(泣)
  4. イオン性置換基を有するホスホール化合物の発光特性
  5. 超微量紫外可視分光光度計に新型登場:NanoDrop One
  6. 高収率・高選択性―信頼性の限界はどこにある?
  7. コランニュレンの安定結合を切る
  8. オキソニウムイオンからの最長の炭素酸素間結合

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 三共・第一製薬の完全統合、半年程度前倒しを検討
  2. マイゼンハイマー転位 Meisenheimer Rearrangement
  3. ジョン・フェン John B. Fenn
  4. 萩反射炉
  5. 光学迷彩をまとう海洋生物―その仕組みに迫る
  6. 効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発
  7. 金よりも価値のある化学者の貢献
  8. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction
  9. 若手研究者に朗報!? Reaxys Prizeに応募しよう
  10. だれが原子を見たか【夏休み企画: 理系学生の読書感想文】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

PAGE TOP