[スポンサーリンク]

一般的な話題

2010年ノーベル化学賞予想―海外版

[スポンサーリンク]

nobelpredict_2010.jpg
待ちに待ったノーベル賞シーズンがやってきました!今年のノーベル化学賞は、2010年10月6日夕刻に発表予定です!2009年は構造生物学領域からの選定だったため、流石に2年連続の生物系は無いだろう、また「今年は有機化学の年」たる周期法則が継続中だとすれば、今年こそはクロスカップリング反応=日本人受賞】に大きな期待が持てるところです。

このノーベル賞発表前には、海の向こうで組織・個人を問わず、銘銘の予想が打ち出されてくるものですが、今年の化学賞についてはなんと、化学系ブログChemBarkによってオリジナルな予想が既に公表されています(オッズ付き!)。

この予想はかなり幅広い分野をカバーしているので、参考までに紹介してみましょう。

分光分析・レーザーの応用: Zare/Moerner
核内ホルモンシグナル過程: Chambon/Evans/Jensen
遷移金属触媒によるクロスカップリング反応: Suzuki/Heck/Sonogashira/Tsuji
生物無機化学: Gray/Lippard/Holm
電気化学・電子移動化学:  Bard/Hush/Gray
DNA合成技術: Caruthers/Hood
ゲノミクスに関する技術と器具開発: Venter
生体膜のベシクル:, Rothman/Schekman
遺伝子認識に関する分子レベルの研究: Ptashne
コンビナトリアル化学・多様性指向型合成: Schreiber
太陽電池: Gratzel
生体色素: Battersby
出生制御ピルの開発: Djerassi
NMR分光分析の応用: Pines/Roberts/McConnell
ケミカルバイオロジーの発展: Schultz/Schreiber
自己集積化学: Whitesides/Nuzzo/Stang
分子モデリングおよび各種応用 Karplus/Houk/Schleyer/Miller
小さなRNAによる制御機構の研究: Ambros/Baulcombe/Ruvkun
真核細胞のRNAポリメラーゼ: Roeder
メカニカル結合およびその応用: Sauvage/Stoddart
生物および有機分子触媒 List/Lerner/Barbas
有機合成化学: Evans/Danishefsky/Nicolaou/Ley/Trost/Stork/Wender/Kishi
機械的酵素学: Walsh
フルオロカーボン: DuPont/Curran
高分子化学: Matyjaszewski/Langer
有機物の立体化学の理解: Mislow
組織工学: Langer
生物有機化学への貢献: Breslow/Eschenmoser
ナノテクノロジー: Lieber/Whitesides/Alivisatos/Mirkin/Seeman
デンドリマー: Frechet/Tomalia
宇宙化学: Oka
ゼオライト: Flanigan
分子認識: Dervan
分子マシン: Stoddart/Tour

当然ながらそうそうたる大物メンバーばかりですね。
ZareやGray、Gratzelなどは分野外の筆者ですら名前を耳にし、何度となくノーベル賞候補として取り上げられている世界的化学者です。

組織工学のLangerなど、いくつかの分野は「これは化学なのか?」とも思えるチョイスもあり、その辺りはやや微妙です。しかし昨今の傾向からして、こういったものでも化学として受賞すること、ありえなくはないかもしれません。

ところでケムステでも、2007年2009年の2回ほど、大々的なノーベル化学賞予想を行なってきました。
ピンポイントでズバリ的中、というわけにはいかず予想の難しさを痛感するばかりですが、候補を後で見直してみると、ノーベル化学賞に選出されたのはなんと2つも(!)あったりします(リボソームの構造決定と表面化学)。
意外とニアミスが多いのかも。本命ぽい人たちを数種押さえて解説を付記しておくだけでも、当たってくれたりするのかも知れませんね・・・。

ノーベル賞は年間最大の学術イベントですが、日本国内では予想合戦がそこまで盛んでは無いようです。

そこで提案なのですが、今年は皆さん自身のブログやTwitterを使って、ノーベル賞受賞者を予測・提案しあってみるというのはどうでしょう?
特にTwitterは迅速な情報交換に有益なメディア。本命・ダークホース、なんでもござれ、いろんな案がでてくると素晴らしいですね。

タグは是非#sci_onで! どんな予想が飛び出すか、筆者も楽しみにしていたいと思います。

  • 関連書籍
  • 伊東 乾
  • 発売日 : 2008/12/12
  • 出版社/メーカー : 朝日新聞出版
  • おすすめ度 : (9 reviews)
    2中央日報のインタビューを読みました
    5世界から期待される日本国の科学者・技術者
    3再考察が必要だが話は面白い
    5もしかしたら日本はノーベル賞に匹敵するものを作るべきかも
    4知られざるノーベル賞の側面が詳しく書かれているとともに、これからの日本への期待も込められており、実に楽しく読めた。

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ACSの隠れた名論文誌たち
  2. 化学者のためのエレクトロニクス入門⑤ ~ディスプレイ分野などで活…
  3. 銀ジャケを狂わせた材料 ~タイヤからの意外な犯人~
  4. 音声入力でケムステ記事を書いてみた
  5. Gilbert Stork最後の?論文
  6. 光で狙った細胞を選択的に死滅させる新技術の開発に成功~副作用のな…
  7. 活性が大幅に向上したアンモニア合成触媒について
  8. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ペイン転位 Payne Rearrangement
  2. 物凄く狭い場所での化学
  3. NMRの基礎知識【原理編】
  4. 岸義人先生来学
  5. 「オープンソース・ラボウェア」が変える科学の未来
  6. ボロン酸MIDAエステル MIDA boronate
  7. 今年の光学活性化合物シンポジウム
  8. 2009年ノーベル賞受賞者会議:会議の一部始終をオンラインで
  9. 第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授
  10. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2010年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

最新記事

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

ロタキサンを用いた機械的刺激に応答する効率的な分子放出

軸状分子に複数の積み荷分子をもつロタキサンを用いることで効率的に分子を放出するシステムが報告された。…

鉄触媒反応へのお誘い ~クロスカップリング反応を中心に~

はじめにパラジウムなどのレアメタルを触媒としたカップリング反応は、有機EL材料、医農薬、半導体材…

Sim2Realマテリアルズインフォマティクス:データの乏しさを分子シミュレーションにより克服する

開催日:2024/07/10 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ある動脈硬化の現象とマイクロ・ナノプラスチックのはなし

Tshozoです。マイクロプラスチックについては以前から関連記事(1,2)を書いたり定期的に…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP