[スポンサーリンク]


2021年 11月 15日

  1. 酢酸エチルの高騰が止まらず。供給逼迫により購入制限も?

    酢酸エチルの高騰が止まりません。2021 年 11 月 12 日現在、日本の酢酸エチル主要輸入相手国である中国における価格は 1トンあたり 9895.00 元と、一年前 (2020年11月) の約 1.5 倍の価格となってい…

  2. マイクロ波の技術メリット・事業メリットをお伝えします!/マイクロ波化学(株)11月・12月度ウェビナー

    11〜12月に渡って当社(マイクロ波化学)の技術あるいは事業に興味がある方向けに、それぞれをテーマに…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジアゾメタン diazomethane
  2. 銀を使ってリンをいれる
  3. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich
  4. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用
  5. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認
  6. 松本・早大教授の論文、学会は「捏造の事実無し」
  7. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー

注目情報

最新記事

危ない試薬・面倒な試薬の便利な代替品

実験室レベルでは、未だに危険な試薬を扱わざるを得ない場合も多いかと思います。tert…

赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

(さらに…)…

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

PAGE TOP