[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ピクテ・スペングラー反応 Pictet-Spengler Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

フェニルエチルアミンにアルデヒドまたはケトンを作用させてイミンを形成し、酸性条件下テトラヒドロイソキノリン骨格を構築する合成法。
オリジナルの報告ではトリプタミンに同種の条件を作用させ、β-カルボリン骨格を得ている。
アルカロイド系化合物の合成に頻用される。

基本文献

 

反応機構

分子内SEAr機構で進行する。このため、電子豊富な芳香環を持つ化合物ほど反応速度は大きい。(参考:Friedel-Craftsアシル化)
pictet_spengler_2.gif

反応例

Saframycin Aの合成[1] kan11.2.gif
Ecteinascidin 743の合成[2] kan11.3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Fukuyama, T.; Yang, L.; Ajeck, K. L.; Sachleben, R. A. J. Am. Chem. Soc. 1990, 112, 3712. DOI: 10.1021/ja00165a095

[2] Corey, E. J.; Gin, D. Y.; Kania, R. S. J. Am. Chem. Soc. 1996, 118, 9202. DOI: 10.1021/ja962480t

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. 水素化リチウムアルミニウム Lithium Alminum Hy…
  2. モッシャー法 Mosher Method
  3. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation…
  4. ワートン反応 Wharton Reaction
  5. エシュバイラー・クラーク反応 Eschweiler-Clarke…
  6. ドウド・ベックウィズ環拡大反応 Dowd-Beckwith Ri…
  7. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidati…
  8. サクセナ・エヴァンス還元 Saksena-Evans Reduc…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ベティ反応 Betti Reaction
  2. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用
  3. フリース転位 Fries Rearrangment
  4. 前田 浩 Hiroshi Maeda
  5. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発
  6. 地域の光る化学企業たち-2
  7. 君には電子のワルツが見えるかな
  8. 電子学術情報の利活用
  9. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement
  10. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開

第257回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 大学院物質理工学院・鶴岡あゆ子さんにお願いしまし…

コロナウイルス関連記事 まとめ

新型コロナウイルスの影響で、キャンパスが閉鎖となる大学も増えてきていますね。私の周りでは、コロナウイ…

機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP