[スポンサーリンク]

白リン / white phosphorus

white_phosphorus_3.gif

白リン(white phosphorus)は、P4の化学式をもつ正四面体状分子。多数存在するリンの同素体(allotrope)の一種である。

猛毒で、特に肝毒性が極めて強い。匂いは独特のガーリック臭。

酸素との反応性が極めて高く、発火点は60度。些細なことで自然発火することが知られている。その危険性は以下の動画からも確認できる。

  

 こういう高い反応性および毒性を持つがゆえ、化学兵器としての応用が盛んに研究されていた。

 特に白リン弾は、現在でも軍事兵器としても使われている。

  • 関連リンク

リン – Wikipedia

White Phosphorus – Wikipedia

Allotropes of Phosphorus – Wikipedia

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ギ酸 (formic acid)
  2. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)
  3. トリメチルアルミニウム trimethylalminum
  4. イベルメクチン /Ivermectin
  5. アザジラクチン あざじらくちん azadirachtin
  6. 酢酸ビニル (vinyl acetate)
  7. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate…
  8. バニリン /Vanillin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. SPring-8って何?(初級編)
  2. SciFinderマイスター決定!
  3. バトラコトキシン (batrachotoxin)
  4. 結晶構造と色の変化、有機光デバイス開発の強力ツール
  5. 化学者の単語登録テクニック
  6. 『国際化学オリンピック』 日本代表が決定
  7. pre-ELM-11
  8. 金大発『新薬』世界デビュー
  9. Macユーザーに朗報!ChemDrawとWordが相互貼付可能に!
  10. コーヒーブレイク

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP