[スポンサーリンク]

白リン / white phosphorus

white_phosphorus_3.gif

白リン(white phosphorus)は、P4の化学式をもつ正四面体状分子。多数存在するリンの同素体(allotrope)の一種である。

猛毒で、特に肝毒性が極めて強い。匂いは独特のガーリック臭。

酸素との反応性が極めて高く、発火点は60度。些細なことで自然発火することが知られている。その危険性は以下の動画からも確認できる。

  

 こういう高い反応性および毒性を持つがゆえ、化学兵器としての応用が盛んに研究されていた。

 特に白リン弾は、現在でも軍事兵器としても使われている。

  • 関連リンク

リン – Wikipedia

White Phosphorus – Wikipedia

Allotropes of Phosphorus – Wikipedia

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ペンタレネン Pentalenene
  2. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン…
  3. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxi…
  4. シガトキシン /ciguatoxin
  5. テトロドトキシン てとろどときしん tetrodotoxin(T…
  6. ペリプラノン
  7. ペラミビル / Peramivir
  8. シラフィン silaffin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 城戸 淳二 Junji Kido
  2. 記事評価&コメントウィジェットを導入
  3. ヘテロカンシラノール
  4. クラレが防湿フィルム開発の米ベンチャー企業と戦略的パートナーシップ
  5. 2010年化学10大ニュース【Part2】
  6. 米国、カナダにおけるシェール・ガスによるLNGプロジェクトの事業機会【終了】
  7. もし炭素原子の手が6本あったら
  8. Nitrogen Enriched Gasoline・・・って何だ?
  9. 2007年ノーベル化学賞『固体表面上の化学反応の研究』
  10. 浜地 格 Itaru Hamachi

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2018年8月号:触媒的不斉全合成・分子ローター型蛍光核酸・インドロキナゾリンアルカロイド・非対称化・アズレン・ヒドラゾン-パラジウム触媒

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年8月号がオンライン公開されました。今…

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

PAGE TOP