[スポンサーリンク]

白リン / white phosphorus

white_phosphorus_3.gif

白リン(white phosphorus)は、P4の化学式をもつ正四面体状分子。多数存在するリンの同素体(allotrope)の一種である。

猛毒で、特に肝毒性が極めて強い。匂いは独特のガーリック臭。

酸素との反応性が極めて高く、発火点は60度。些細なことで自然発火することが知られている。その危険性は以下の動画からも確認できる。

  

 こういう高い反応性および毒性を持つがゆえ、化学兵器としての応用が盛んに研究されていた。

 特に白リン弾は、現在でも軍事兵器としても使われている。

  • 関連リンク

リン – Wikipedia

White Phosphorus – Wikipedia

Allotropes of Phosphorus – Wikipedia

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 酢酸ビニル (vinyl acetate)
  2. ユーコミン酸 (eucomic acid)
  3. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate…
  4. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin
  5. ギンコライド ginkgolide
  6. テトラメチルアンモニウム (tetramethylammoniu…
  7. タミフル(オセルタミビル) tamiflu (oseltamiv…
  8. ノッド因子 (Nod factor)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用
  2. 森田浩介 Kosuke Morita
  3. “マイクロプラスチック”が海をただよう その1
  4. 生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!
  5. パーデュー大、10秒で爆薬を検知する新システムを開発
  6. パラジウム価格上昇中
  7. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成
  8. 第5回慶應有機化学若手シンポジウム
  9. 未来のノーベル化学賞候補者
  10. 有機合成者でもわかる結晶製品生産の最適化と晶析操作【終了】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年5月号が先日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP