[スポンサーリンク]


2022年 7月 13日

  1. 吉見 泰治 Yasuharu YOSHIMI

    吉見 泰治 (よしみ やすはる)は、日本の化学者である。専門は有機光化学。2022年現在、福井大学学術研究院工学系部門教授。第27回ケムステVシンポ「有機光化学の最前線」講師。経歴1993年3月 岡山県立倉敷古城池高等学校卒業…

  2. ブロッコリー由来成分「スルフォラファン」による抗肥満効果の分子機構の解明

    第399回のスポットライトリサーチは、東京農業大学大学院 応用生物科学研究科 栄養生化学研究室の小髙…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 真空ポンプはなぜ壊れる?
  2. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  3. トリ(2-フリル)ホスフィン:Tri(2-furyl)phosphine
  4. 固体NMR
  5. 環歪みを細胞取り込みに活かす
  6. C&EN コラム記事 ~Bench & Cubicle~
  7. 第27回 国際複素環化学会議 (27th ISHC)

注目情報

最新記事

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

PAGE TOP