[スポンサーリンク]

日本人化学者インタビュー

第63回―「生物のコミュニケーションを司る天然物化学」矢島 新 教授

[スポンサーリンク]

第63回の海外化学者インタビューは日本から、矢島 新 教授です。東京農業大学応用生物科学部醸造科学科(訳注:現在は生命科学部分子生命化学科に所属)に所属し、化学と生物学の接点、特に微生物フェロモンやイネのファィトアレキシンに着目し、天然物や生合成中間体の合成に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

中学生の頃、周期表に魅せられました。その美しさゆえに、興味を失ったことはありません。あらゆる原子の性質を理解する必要がありました。今、私のオフィスには科学技術広報財団が制作した「一家に一枚周期表」の大きな日本語ポスターが貼ってあり、いつでも見ることができます。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

画家か農家です。祖父の一人は画家でした。彼は日本の伝統的な布に植物や動物の美しい絵を描いていました。もう一人の祖父は米作農家でした。彼はコシヒカリを栽培していました。コシヒカリは日本で非常に人気があり、最も高価な品種です。家族は、どっちの道であっても私が最有力後継者だと考えていたようです。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

教育によってです。人々は化学を遠ざける傾向があります。天然資源を原料とした製品は、人々から高く評価されています。言い換えれば「化学的に合成された化合物」を恐れる傾向があります。例えば、バニラビーンズから抽出されたバニリンと化学合成されたバニリンは、実質的には同じ化合物なのですが、合成バニリンより300倍も高価なバニリンを誰もが選んでいます。とんでもないことです!化学者の目標は、自らの化学の知識を生かし、科学・化学リテラシーの高い人を育てることだと思います。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

ノーベル賞受賞者のアドルフ・ブーテナント教授は、初の昆虫フェロモンであるボンビコールを発見した人物でもあります。昆虫や微生物のフェロモンやホルモンなどの、バイオレギュレーターに私は興味があります。ボンビコールの単離に関する彼の歴史的偉業について、プライベートでの講演を聞きたいです。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

昨日です。今でも研究室で働いています。師匠でもある森謙治 教授(インタビュー当時73歳)は、まだ研究室で活躍しています!だから引退などできません。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

映画、特にSF映画が好きです。ですから、スターウォーズのサウンドトラックを持っていき、昼間は音楽をバックに島を探検します。そして夜はドストエフスキーの『罪と罰』を読み続けます。

原文:Reactions – Arata Yajima

※このインタビューは2008年5月9日に公開されました。

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa M…
  2. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus W…
  3. 第112回―「生体分子センサー・ドラッグデリバリーシステムの開発…
  4. 第52回―「多孔性液体と固体の化学」Stuart James教授…
  5. 第47回「目指すは究極の“物質使い”」前田和彦 准教授
  6. 第一回 人工分子マシンの合成に挑む-David Leigh教授-…
  7. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Ma…
  8. 第140回―「製薬企業のプロセス化学研究を追究する」Ed Gra…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポリエチレンテレフタレートの常温解重合法を開発
  2. 求電子的トリフルオロメチル化 Electrophilic Trifluoromethylation
  3. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(pyridine)iodonium Tetrafluoroborate
  4. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成
  5. 光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステルの高エナンチオ選択的 [3+2] 環化反応
  6. 稀少な金属種を使わない高効率金属錯体CO2還元光触媒
  7. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore
  8. ストラディバリウスの音色の秘密は「ニス」にあらず
  9. ノーベル化学賞メダルと科学者の仕事
  10. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用展開~

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

注目情報

注目情報

最新記事

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑧〜博士,鍵反応を仕込む②〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP