[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

ferrum

自称化学者(科学者)のタマゴ。興味はざっくりと物理と化学の境界分野。

  1. ラマン分光の基礎知識

    物質に光を当てると光は散乱されるが、散乱光には入射光と異なるエネルギーの成分が存在する。この現象はラマン散乱と呼ばれている。入射光と散乱光のエネルギー差から分子振動の振動数を調べることができるため、分光学的分析手法としてラマン散乱は…

  2. 蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

    蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

  3. 長谷川 靖哉 Yasuchika Hasegawa

    長谷川靖哉(はせがわやすちか)は、日本の化学者である (写真はこちらより引用)。専門は希土類元素を利…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 超高性能プラスチック、微生物で原料を生産
  2. プラスチック類の選別のはなし
  3. アルケンとCOとジボロンからジボリルシクロプロパンを作る
  4. 「重曹でお掃除」の化学(その1)
  5. 柴崎正勝 Masakatsu Shibasaki
  6. 茅幸二、鈴木昭憲、田中郁三ら文化功労者に
  7. α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

注目情報

最新記事

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

PAGE TOP