[スポンサーリンク]

ケムステニュース

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

[スポンサーリンク]

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発表しています。そこで各社トップの年始のメッセージを読み解き、化学メーカーの2021年を考えます。

2020年が幕を閉じ、2021年が始まってから一月ほど経過しました。通常であれば、新年参拝や新年会、賀詞交歓会などのイベントがありますが、今年はコロナウィルスの影響でほとんどが中止になったと思います。イベントはなくても将来に向けて走り始める必要があり、各社のトップはその方針を年頭所感でコメントしています。以下、その年頭所感で多くのトップが触れたトピックについて見ていきます。

コロナウィルス

ほとんどの年頭所感が、冒頭でコロナウィルスの影響について触れられています。影響は社会全体にあり製品の売り上げだけでなく社員の働き方にも影響を与えたことを強調しています。コロナの影響は当分続くとみられ、ポストコロナの中でどのような改革を進めていくのか、他の課題とともに言及しています。昨年は、マスクや消毒液といった感染対策の製品が不足する事態になり、これらの原料を使用した他の製品まで影響ができました。これらの品物の不足は一部を除いて解消しましたが、ワクチンに関して新たな動きがあり、コロナウィルスワクチンが完成し欧米では接種が始まっています。しかしながら、これらのワクチンは-70度以下という極低温で運搬・保管する必要があり、極低温冷蔵庫向けの冷媒やドライアイス、液体窒素の需要が大きくなる可能性があります。経済の回復が期待される中、コロナ対策向けの事業とそれ以外の事業を両立して推進することが求められていると思います。

多くの年頭所感において個別の案件については言及していませんが、デンカ株式会社の山本 学社長は、抗原迅速診断キットの製品化と抗ウイルス薬「アビガン」の原料「マロン酸ジエチル」の製造設備の再稼働を成果として挙げています。

2020年ケムステ過去記事

環境問題

環境問題に関する話題も多く、SDGs(持続可能な開発目標)やESG(環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字)をこれからの方向性として強調し、具体的な目標としてプラスチックのケミカルリサイクルやカーボンニュートラルに関するプロジェクトについて言及されています。欧州は元々環境への意識が高く脱炭素の活動をリードしてきましたが、アメリカも環境を重視するリーダーが現れ、日本政府も環境に対してかなり踏み込んだ政策を発表しているため、企業としてもこの環境問題をより重視する必要が出てきているようです。化学品の選定において、今までは要求される技術パフォーマンスを満たし、高い毒性がないことが最低条件でしたが、今後は最終製品の製造における環境負荷が低いことが必須となり、化学品においても技術と毒性に加えて製造における環境負荷が低いことも最低条件として加わる可能性があります。

出光興産株式会社の木藤俊一社長は、蓄電池材料事業や再生可能エネルギー電源の開発の拡大など次世代エネルギーに対する活動を大きく取り上げています。年頭所感の最後には、エネルギー企業にとっては逆風と思われるこの風潮に対して、出光興産が持つCO2に関する知見とインフラをさらに進化させ、成長していくための好機にしたいとコメントしています。

2020年ケムステ過去記事

デジタル化

DX(デジタルトランスフォーメーション)に言及している年頭所感も多く見受けられます。そもそもデジタルトランスフォーメーションとは「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させること」で、例えば手作業で実験結果をエクセルにまとめていたのを自動でデータを集約するようなシステムを導入することが簡単なDXの例だと言えます。化学企業ではDXのツールそのものを開発することはなく、どう新しいITツールを活かしてDXを進めるかが重要だと思います。DXはコロナの影響で普及したリモートワークの更なる促進と効率化にも貢献できるトピックであり、製品のためだけでなく働く社員のためにもDXの推進を強く希望します。

JSR株式会社のエリック・ジョンソンCEOは、JSRはマテリアルズインフォマティクスやバイオインフォマティクス、量子化学計算技術に対して投資を行ってきたとコメントしています。

2020年ケムステ過去記事

その他

最後に気になったトピックを取り上げます。まず、三菱ケミカルホールディングスの越智 仁社長は、4月から三菱ケミカルでは、ジョブ型の人事制度が始まることについて言及しています。ジョブ型雇用とは決められた仕事に対して人員の枠があり、その仕事を遂行できる人を採用する人事制度のことです。これまでの日本で一般的なのは、総合職として新卒を一括採用しいろいろな部署を回ってキャリアを形成するメンバーシップ型雇用であり、ジョブ型雇用とは対極であると言われています。個々の企業で詳細は異なるものの、いきなり新卒一括採用を辞めて欧米のようなジョブ型雇用になるとは考えにくいですが、少なくとも自分の意志で異動やポジションを選択するようになっていくと考えられます。また中途採用では、ある程度決まった職務内容で募集しているためすでにジョブ型雇用に近く、違い職種の仕事をしたいと思った時に、転職という選択も容易に考えられるようになるかもしれません。

昨年4月に日立化成をグループ化した昭和電工株式会社の森川宏平社長は、統合計画について言及しお互いに協力して会社の発展に貢献できるよう激励しています。一方、三洋化成工業との経営統合の中止を発表した日本触媒株式会社の五嶋祐治朗社長は、冒頭でこの点について触れています。企業はさらに経営の合理化を進める必要があり、化学企業の合併や経営統合は考えられます。また、上記で取り上げたプラスチック削減やカーボンニュートラルといった新たな問題に挑戦するため、競合他社とでも共同研究共同や協業を行う事例が増えてくると思います。

2020年はコロナの影響を社会は強く受けましたが、ケムステニュースではコロナに関係ない新しい研究成果をいくつも紹介してきました。2021年は、より多くの明るい話題を紹介できればと思います。

関連書籍

Zeolinite

Zeolinite

投稿者の記事一覧

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. 11年ぶり日本開催、国際化学五輪プレイベントを3月に
  2. アンモニアで走る自動車 国内初、工学院大が開発
  3. 第一三共 抗インフルエンザ薬を承認申請
  4. 第46回藤原賞、岡本佳男氏と大隅良典氏に
  5. 中皮腫治療薬を優先審査へ
  6. カラス不審死シアノホス検出:鳥インフルではなし
  7. アルツハイマー薬で副作用死
  8. 2007年ノーベル医学・生理学賞発表

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 三枝・伊藤酸化 Saegusa-Ito Oxidation
  2. 『リンダウ・ノーベル賞受賞者会議』を知っていますか?
  3. エマニュエル・シャルパンティエ Emmanuel Charpentie
  4. 【解ければ化学者】ビタミン C はどれ?
  5. 富士通、化合物分子設計統合支援ソフト「キャッシュ」新バージョンを販売
  6. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate
  7. 有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素
  8. C–S結合を切って芳香族を非芳香族へ
  9. 文献管理ソフトを徹底比較!
  10. 第19回次世代を担う有機化学シンポジウム

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【マイクロ波化学(株)環境/化学分野向けウェビナー】 #CO2削減 #リサイクル #液体 #固体 #薄膜 #乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントでは、環境/化学分野の事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波をご紹介…

医療用酸素と工業用酸素の違い

 スズキは29日、インドにある3工場の生産を一時停止すると明らかにした。インドでは新型コロナウイルス…

世界初のジアゾフリーキラル銀カルベン発生法の開発と活性化されていないベンゼノイドの脱芳香族化反応への応用

第310回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 (根本研究室)・伊藤 翼さんにお願い…

キムワイプをつくった会社 ~キンバリー・クラーク社について~

Tshozoです。本件先日掲載されたこちらのArticleの追っかけでネタ色が強いですが書いてみるこ…

Advanced Real‐Time Process Analytics for Multistep Synthesis in Continuous Flow

In multistep continuous flow chemistry, studying c…

三角形ラジカルを使って発光性2次元ハニカムスピン格子構造を組み立てる!

第309回のスポットライトリサーチは、木村舜 博士にお願いしました。金属と有機配位子がネット…

第148回―「フッ素に関わる遷移金属錯体の研究」Graham Saunders准教授

第148回の海外化学者インタビューは、グラハム・サウンダース准教授です。ニュージーランドのハミルトン…

ケムステチャンネルをチャンネル登録しませんか?

5月11日で化学の情報サイトケムステは開設21周年を迎えます。これまで記事中心の活動を行ってきました…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP