[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

がらがらどん

博士後期課程で悪戦苦闘中。専門は栄養生理学や農芸化学で、合成や物性に関しては素人であります。でも構造式を眺めるのは好き。記事については天然物や生体分子についてお伝えしていけたらと思います。 将来は科学コミュニケーションに携われたらと考えていますが、まずは学位奪取を目指して精進します。

  1. シリコンバレーへようこそ! ~JBCシリコンバレーバイオ合宿~

     この度、Japan Bio Community (JBC)が主催する第6回シリコンバレーバイオ合宿の募集が開始されました。?(→募集ページ)シリコンバレーのバイオテック (=バイオベンチャー)を肌で感じることのできる貴…

  2. あなたの体の中の”毒ガス”

     「毒ガス」と聞いて、皆さんはどのようなことを連想しますか?化学兵器、火山ガスな…

  3. インフルエンザ対策最前線

     今年のインフルエンザシーズンは終息に向かいつつあるようです。しかし油断は禁物。春に向けて寒暖差が激…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 出光・昭和シェル、統合を発表
  2. アジサイには毒がある
  3. アーノルド・レインゴールド Arnold L. Rheingold
  4. C–S結合を切って芳香族を非芳香族へ
  5. Wileyより2つのキャンペーン!ジャーナル無料進呈と書籍10%引き
  6. シロアリに強い基礎用断熱材が登場
  7. 米化学大手デュポン、EPAと和解か=新生児への汚染めぐり

注目情報

最新記事

第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授

第91回の海外化学者インタビューは、ダニエル・ノイマルク教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学…

生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明

(さらに…)…

第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで2 |第7回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

PAGE TOP