[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

イー・タン Yi Tang

[スポンサーリンク]

 

イー・タン(Yi Tang、19xx年xx月xx日-)アメリカの天然物化学者。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)教授。

経歴

PROFESSIONAL EXPERIENCE

2010- University of California, Los Angeles Professor, Department of Chemical and Biomolecular Engineering

2010- Professor, Department of Chemistry and Biochemistry

2009- Samueli Fellow, UCLA School of Engineering and Applied Science

2009- Member, California NanoSystems Institute (CNSI)

2008- Member, Jonsson Comprehensive Cancer Center, Cancer Cell Biology Program 2008-2010 Associate Professor, Department of Chemical and Biomolecular Engineering

2004-2008 Assistant Professor, Department of Chemical and Biomolecular Engineering

EDUCATION

2002-2004 NIH Postdoctoral Fellow, Stanford University

1997-2002 Ph.D., Chemical Engineering, California Institute of Technology

1994-1997 B.Sc., Chemical Engineering, Material Science and Engineering, Pennsylvania State University

 

受賞歴

2012 American Chemical Society (ACS) Arthur C. Cope Scholar Award

2011 The Saville Lecturer at Department of Chemical and Biological Engineering, Princeton University

2011 American Chemical Society Division of Biochemical Technology (BIOT) Young Investigator Award

2010 National Academy of Engineering (NAE) Frontiers in Engineering Invitee

2010 Society for Industrial Microbiology (SIM) Young Investigator Award (2010)

2009 American Institute of Chemical Engineers (AIChE) Allan P. Colburn Award

2009 Sloan Research Fellowship

2008 Department of Defense Breast Cancer Research Program (BCRP) Concept Award

2008 The Camille Dreyfus Teacher Scholar Award

2007 The David and Lucile Packard Foundation Fellowship

2007 UCLA Faculty Career Development Award

2006 Presidential Early Career Award in Science and Engineering (PECASE)

2006 National Science Foundation CAREER Award

2005, 2006 UCLA AIChE Student Chapter Professor of the Year Award

2005 American Heart Association National Scientist Development Grant Award

2002 National Research Service Award, National Institute of Health

1997 Whitaker Graduate Research Fellowship in Biomedical Engineering

2000 Caltech 10K Business Plan Competition Winner

1999 Constantin Economou Award for Excellency in Graduate Research

1993 Elizabeth and Holmes Memorial Scholarship

1995 Dow Chemical Co. Outstanding Student in Material Science and Engineering

1995 The 1934 Penn State Alumni Scholarship Award

 

研究概要

1.天然物の生合成

streptomyces属由来の芳香族ポリケタイドの生合成やNRPSの生合成研究を行なっている。また、生合成研究により得られた知見を元に、非天然物をコンビナトリアル生合成によって生産することも研究している。[1]

Yi Tang biosynthesis.jpg

2.生体触媒、酵素エンジニアリング

医薬品の合成、半合成に用いることのできるような生体触媒の研究を行っている。[2]

 

3.生体材料

癌治療、イメージング、リプログラミングなどの応用を視野に入れた、様々な生体分子の細胞、モデル動物への輸送法の開発を行っている。

 

関連文献

[1]  (a) Cacho, R. A. Chooi, Y., Zhou, H., Tang, Y.* “Complexity Generation in Fungal Polyketide Biosynthesis: aSpirocycle-Forming P450 in the Concise Pathway to the Antifungal Drug?Griseofulvin.” ACS Chem. Biol. 2013in press. (b) Ma, S. A., Li, J., Choi, J. W., Zhou, H., Lee, M., Moorthie, V., Xie, X., Kealey, J. T., Da Silva, N. A., Vederas, J. C.*,Tang, Y.* “Complete Reconstitution of a Highly-Reducing Iterative Polyketide Synthase.” Science 2009, 326, 589-592. DOI: 10.1126/science.1175602

[2] Xie, X., Wong, W. W.,Tang, Y.*”Improving Simvastatin Bioconversion in?Escherichia coli?by Deletion of?bioH.” Metab. Eng.2007, 9, 379-386. DOI :10.1016/j.chembiol.2009.09.017

 

外部リンク

ゼロ

ゼロ

投稿者の記事一覧

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪
ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. ベンジャミン・リスト Benjamin List
  2. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】
  3. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov
  4. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg
  5. カルロス・バーバス Carlos F. Barbas III
  6. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio…
  7. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke…
  8. 大村 智 Satoshi Omura

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Modern Method of Organic Synthesis
  2. 20年新卒の志望業界ランキング、化学は総合3位にランクイン
  3. 危険物に関する法令:点検・設備・保安距離
  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②
  5. リンダウ会議に行ってきた③
  6. 「医薬品クライシス」を読みました。
  7. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的な切断とホウ素化反応
  8. 第11回 有機エレクトロニクス、分子からデバイスまで – John Anthony教授
  9. 光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発
  10. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part4】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

注目情報

最新記事

【マイクロ波化学(株) 石油化学/プラスチック業界向けウェビナー】 マイクロ波による新事業 石油化学・プラスチック業界のための脱炭素・電化ソリューション

<内容>本イベントでは、石油化学/プラスチック業界における脱炭素・電化の新たなソ…

素材・化学で「どう作るか」を高度化する共同研究拠点、産総研が3カ所で整備

産業技術総合研究所、材料・化学領域は、マテリアル・プロセスイノベーションプラットフォームの整備をスタ…

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP