[スポンサーリンク]

一般的な話題

シリコンバレーへようこそ! ~JBCシリコンバレーバイオ合宿~

 

 この度、Japan Bio Community (JBC)が主催する第6回シリコンバレーバイオ合宿の募集が開始されました。?(→募集ページ)シリコンバレーのバイオテック (=バイオベンチャー)を肌で感じることのできる貴重な機会なので、その魅力や私自身の感想を皆さんにお伝えしたいと思います。第5回募集の際の紹介記事も合わせてどうぞ (→)

※ 本記事中の写真はイメージであり、バイオ合宿とは直接関係ありません。
※ 本記事は、昨年までの内容に基づいて書かれているので、訪問先、スピーカー、パネリスト等は変更になる可能性もあります。

 

 

 Japan Bio Communityはカリフォルニア州サンフランシスコ・ベイエリアを中心に働いているバイオ分野の研究者のコミュニティです。普段から研究者間で活発に交流しており、その活動の一環としてシリコンバレーのバイオテックに興味のある人向けに合宿を企画しています。

 jbc2

JBCバイオ合宿とその魅力

 さて気になるその内容ですが、以下のとおり。

1. 生のシリコンバレーを見学
 サンフランシスコのベイエリアには名門大学や、大小様々なバイオテックが軒を連ねており、バイオ産業のメッカとなっています。そんな最先端の研究現場を直に見てまわり、研究者の方々と意見を交わすことのできる機会は海外留学等を志す人にはまたとないチャンス!一度にこれほどたくさんの場所を見学して回るのは個人ではなかなか難しく、この合宿ならではの大きな魅力です。

 

2. 海外で活躍する日本人とディスカッション
 毎日のプログラムで海外ポスドクバイオテック研究者から様々な話を聞くことができます。海外の最先端の研究現場や本場のバイオテックとはどのようなものかなど、日本にいては知ることのできない貴重な話ばかりです。
 またバイオテック専門のコンサルタントキャピタル (=投資ファンド)などのバイオテックを支える立場の方からも、それにまつわる興味深い話を聞くことができます。

business.jpg 

3. JBCスタッフやパネラー、他の参加者との交流
 スタッフの方々だけでなく、合宿の参加者も幅広い分野の方が集まっています。学部生から院生・ポスドクそして社会人まで広い世代の方がいて、それぞれのバックグラウンドも様々です。事前にシリコンバレーやバイオテックに関しての予習もプログラムに組み込まれており、薬学やバイオ分野以外の方も安心して合宿に参加できるようになっています。密度の濃い合宿をともに過ごした仲間は、きっとその後の人生にとってかけがえのない友人となるに違いありません。

friendship.jpg 

参加した感想

 私は昨年春に開催された第5回合宿に参加しました。当時、私は自身の将来や進路に対して漠然とした不安を感じており、現状を変える「きっかけ」が欲しいと思っていました。そんな時にケムステにその前の会の参加者が紹介記事を上げており、その記事やJBCのホームページを読んで合宿参加を決めました。

 実際の合宿を通して得た感想は、

・漠然としかイメージできなかった海外の研究現場を実際に目の当たりにして、一度はここに挑戦してみたいという思いを持った。
・研究に直接携わるだけでなく、マネジメントや投資などに関わるような道もあると改めて認識した。
・他分野の人たちと交流することで、自分の研究を見つめ直すことにも繋がった。

 一番私の中に強く残っている印象はサンフランシスコ、シリコンバレー特有の「空気」です。明るくて爽やかで前向きな、そんなイメージを今でもしっかりと覚えています。こればかりは日本にいては感じることのできないもので、ひとによっても違うものだと思いますが、きっと一人ひとりにとって忘れられない何かが得られることでしょう。

silicon-valley

 

読者に向けて

 18歳 (大学生)以上の方ならだれでも応募できるので、少しでも興味を感じたなら躊躇いや不安はとりあえず置いておいてまずは一歩踏み出してほしいと思います。
 参加者の選考に置いてはエッセイが最重要視されているようです。合宿の前に参加者同士をよく知るきっかけにもなりますし、JBCスタッフも楽しみにしているようです。ぜひ自分の熱意や思いを直接ぶつけてみてください。

 

外部リンク

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.

がらがらどん

博士後期課程で悪戦苦闘中。専門は栄養生理学や農芸化学で、合成や物性に関しては素人であります。でも構造式を眺めるのは好き。記事については天然物や生体分子についてお伝えしていけたらと思います。 将来は科学コミュニケーションに携われたらと考えていますが、まずは学位奪取を目指して精進します。

関連記事

  1. アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側
  2. 鉄とヒ素から広がる夢の世界
  3. 比色法の化学(前編)
  4. シス型 ゲラニルゲラニル二リン酸?
  5. サイエンスアゴラ2014総括
  6. 遷移金属の不斉触媒作用を強化するキラルカウンターイオン法
  7. 人を器用にするDNAーナノ化学研究より
  8. 化学系ラボでSlackを使ってみた

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マンガでわかる かずのすけ式美肌化学のルール
  2. クリス・クミンス Christopher C. Cummins
  3. みんな大好きBRAINIAC
  4. ウェブサイトのリニューアル
  5. 触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成
  6. ノーベル博物館
  7. 化学に魅せられて
  8. 天然物の全合成研究ーChemical Times特集より
  9. 第13回 化学を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe博士
  10. 私がケムステスタッフになったワケ(3)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP