[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

K

薬理工農を渡り歩いている合成屋です、生物と化学の境界領域に興味があります。

  1. 今さら聞けないカラムクロマト

    ~4月某日、ある有機合成系研究室の一場面~院生A: と、いう様に分液操作で後処理をしたら硫マグで乾燥させるんだ4年配属生B: なるほど、この後はどうするんですか?、先輩院生A: 入れた乾燥材をろ過して…

  2. 薬学部6年制の現状と未来

    初めまして、今年度よりケムステメンバーとなりましたKと申します。 今回は自己紹介も兼ね在学していた6…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  2. アラン・マクダイアミッド氏死去
  3. 多核テルビウムクラスターにおけるエネルギー移動機構の解明
  4. 除虫菊に含まれる生理活性成分の生合成酵素を単離
  5. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethylsilyl Trifluoromethanesulfonate
  6. カネカ 日本の化学会社初のグリーンボンドを発行
  7. 高懸濁試料のろ過に最適なGFXシリンジフィルターを試してみた

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP