[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

NMRのプローブと測定(Bruker編)

[スポンサーリンク]

有機化学者にとって液体NMRは必須のアイテム。ケムステの読者の皆様も毎日のように使っておられると思います。しかし、NMRは多くの情報を与えてくれるかわりに、MSなどと比べ、かなり感度の悪い測定として知られています。今回は液体測定の際に、どのプローブを装着したマシンを使うべきかについてのお話です。一般的なNMRのお話についてはこちらこちらをご参照ください。

はじめに

ほとんどの簡単な化合物は長時間の測定を必要とする13Cや2Dが必要となりませんが、全合成の最終段階の化合物や、1-2 mgでの条件検討の際に生成したジアステレオマーの立体の決定など、時にdemandingな測定が要求される場合があります。

そんな場合に、重要となるのがプローブとマグネットの選択です。もちろん、研究室には一択しか無いという場合もありますが、大学もしくは研究科には共用機器として、複数のプローブを備えたNMRが置いてあることが普通です。用途に合わせて測定すると、短時間に綺麗なデータを得る事ができるので、それぞれのマシンやプローブの特徴を知った上で積極的に利用しましょう。

マグネットの選択

良いデータを取りたいと思った場合は、高磁場のNMRを使うと一般的に良いとされています。例えば、ルーティーンのNMRは普通300 MHzや400 MHzが普通ですが、よりよいS/N比が要求される場合、500 MHzや600 MHzのものを使うとより感度良く、綺麗なデータが得られます。また、カップリングによりピークどうしの重なりが邪魔で解析できない際も、磁場強度の違うマシンを使うとうまく解析できる場合もあります。もちろん、溶媒を変えるという選択肢もありますが。

(上図)40年前に報告されている60 MHzのNMR spectrum (in CDCl3); (下図)筆者が最近500 MHzで測定した同じ化合物のNMR spectrum (CD3OD)。昔の天然物化学者が上図のようなbroadなNMRデータで化合物の構造を推定していたのかと思うと、頭が下がりますね。

分光計の選択

また、分光計も新しいものがよいとされています。現在、Avance I, II, III に加え最新型のAvance Neoのどれかを使っておられる方が多いと思われますが、より新しい分光計の方がより綺麗なデータを得る事ができます。

個人的にはAvance IIに比べAvance Neoの方が圧倒的にShimmingやTuning & Matchingがかなり早くなった気がしますが、スペクトラのS/N比はそれほど変わらん。。。という印象です。

最近リリースされた最新モデルの分光計(Brukerのサイトより)

プローブとシグナルの強度

NMRのシグナル強度はサンプルとcoilの距離6乗に反比例する事が知られています。コイルとサンプルの距離は近いほどより精度の高い有用な情報が得られるため、より良いデバイスの開発が日々行われています。現在利用されているプローブのコイルは二種類あります。その一つは内側に、もう一つは外側についており、そのそれぞれに1H, 13C, 19F, 31Pなどの核種をアサインするようになっています。外側にアサインされた核種を測定する場合、内側にアサインされた核種に比べて感度が落ちてしまいます。

Cryo-TCIプローブ。四角い箱からちょこっと出ているモノがマグネットにささります (Brukerのwebsiteより)

ルーティーンのプローブ

ルーティーンのプロトン測定にはそれほど感度が必要とされないので、BBFO (Broad-Band Fluorine Observe)やBBO (Broad-Band Observe)、QNP (Quattro Nucleus Probe 1H, 13C, 19F, 31P)などといったプローブが汎用されています。これらのプローブは1Hがouter coilに設定されているので、実は1Hに向きません。その代わり、inner coilに例えば、相対的に1Hと比べ感度の低い13Cを設定する事ができるので、13Cを効率的に測定する事ができます。そのため例えば、400 MHzのBBOと500 MHzのBBIを比べると、後者の方が磁場強度が強いのにも関わらず、前者の方が綺麗な13Cを得る事ができます。

その他よく使われるプローブ

BBI (Broad Band Inverse)やTXI (Triple Resonance X1+ X2 Nucleus Decoupling Inverse)は内側coilが1Hに設定されているので、1Hや2Dの測定に適しています。BBIで1Hや2Dを測定した場合、BBOやQNPに比べて圧倒的に良いS/N比を得る事ができます。特に、decoupleする核種が二つ存在する場合、例えば13Cと15N、TXIが役立ちます。

TCI (Triple Resonance Inverse)は、簡単に言えば、内側のcoilと外側のcoilのアサインとは無関係に、13C、1H、15N全ての核種において感度良く測定できるプローブです。TCIはTXIに比べて13Cに対する感度が向上したプローブと考えることもできます。最近ではそこに19Fを追加したQCIなども販売されています。

クライオプラットフォーム

クライオプローブ (CryoProbe)とは、簡単には、プローブ(NMRシグナルのdetector)を構成するcoilとその周辺部分を液体ヘリウムで冷やすことで、熱雑音によるnoiseを抑えsignalをより感度良く拾うために開発されたプローブ方式です。詳しい話はこちらこちら。一般にクライオプローブを使うことにより、常温プローブに比べて5倍程度の感度の向上が期待できます。気化したヘリウムはマグネットの隣に設置した、コンプレッサーで再度液化、循環する事ができるので、消耗も最小限に抑える事が可能です。

マシンによっては、液体窒素で代用するといった方式を採用しているものもあります (CryoProbe Prodigy)。もちろん、液体窒素を用いる場合、液体ヘリウム方式に比べコンプレッサーの導入もいりませんし、導入コストは下がりますが、液体ヘリウムで冷やすほどは良いS/N比を得る事はできません。一般に、常温プローブと比べて2 – 3倍程度の感度の向上が期待できます。

測定例、化合物量0.5 mg、分子量約650、500 MHz, cryo-BBO, Auto-Shim-Tuning Matching、4000 scanでこのようなスペクトラが取れます。ちなみに常温プローブなんかだと同じだけscanしてもノイズのみとなります。

 

おわりに

適切なプローブを使えば、かなり厳しい測定でもいい結果が得られるようになってきました。どの種類のプローブが自分がよく使っているNMRに付いているかはマグネットの下側を見ればすぐに分かります。これを機に、自分のよく使うマシン以外にも研究科にどのような機器があって、どのマシンを使えば良いデータが得られるか、知っておくのもより効率的な実験をする助けになるかと思います。

また、どのマシンが有効か知っておけば、例えば、500 MHzのCryo-TCIを使えばものの30分で測定できるのに、予約で一杯の500 MHzのBBIで13Cを一日中測定して、研究室内外からバッシングを食うなんていうことも防げるかと思います。

JEOL使いの皆様、私はプローブなどに関してよく分からんのでケムステメンバーの誰かが同様の記事を書いてくれることを願ってお待ちください。

補足

13C NMRのS/N比が不足していてお困りの皆様、パラメーターのacquisition timeを下げてやるとS/N比が改善する場合もあります。大抵私はaq = 1.0 sぐらいの数値を使っていますが、マシンによってはaq = 0.8ぐらいで設定されていることもあります。例えば13Cの場合、aq = 2.0 sなどで測定するとFIDのテールの部分はほぼノイズなので、FTしたときにS/N比が悪くなります。もちろん、aqは短ければ良いというものでも無いので、パラメーターの設定は分子次第です。1Hの場合はaq = 2.3−2.5 sあれば十分です。あまりにも値が小さすぎると、integralが正確に出ませんのでご注意。(ちなみにquant NMRの場合はこの値をかなり長くすることで、完全にシグナルを拾えるようにしています。)

関連リンク

  • プローブについて:より詳しいことを知りたい方はこちら
  • Brukerの資料はこちら

Gakushi

投稿者の記事一覧

東京の大学で修士を修了後、インターンを挟み、スイスで博士課程の学生として働いていました。現在オーストリアでポスドクをしています。博士号は取れたものの、ハンドルネームは変えられないようなので、今後もGakushiで通します。

関連記事

  1. 外部の分析機器を活用する方法
  2. 組曲『ノーベル化学賞』
  3. 【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編
  4. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II
  5. 電池材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用
  6. ついに成功した人工光合成
  7. クマリンを用いたプロペラ状π共役系発光色素の開発
  8. ナイロンに関する一騒動 ~ヘキサメチレンジアミン供給寸断

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 150度以上の高温で使える半導体プラスチック
  2. 光レドックス触媒反応 フォトリアクター Penn PhD Photoreactor M2をデモしてみた
  3. 200MHzのNMRが持ち歩けるって本当!?
  4. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz
  5. 持続可能性社会を拓くバイオミメティクス
  6. クリスマス化学史 元素記号Hの発見
  7. MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察
  8. 第42回ケムステVシンポ「ペプチドと膜が織りなす超分子生命工学」を開催します!
  9. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授
  10. 2017年(第33回)日本国際賞受賞者 講演会

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2019年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおけるデータ0からの初期データ戦略

開催日:2024/06/05 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発

第 615回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 南方…

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP