[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー分光分析

  1. 【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

    kindle版↓概要はじめて機器を使う学生にもわかるよう,代表的な分析機器の使い方を平易に解説したハンドブック.(引用;化学同人書籍紹介より)題目の通り、有機化合物の分子構造解析や定量法を念頭に、赤外分光法(…

  2. 分子光化学の原理

    概要原著は、Nicholas J. Turro, V. Ramamurt…

  3. 有機スペクトル解析ワークブック

    概要本書は,スペクトルデータによる有機化合物の構造決定法を習得するための…

  4. これならわかるNMR/二次元NMR

    内容核磁気共鳴現象が見いだされてから50年、いまではこのNMR…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2010年ノーベル化学賞予想―海外版
  2. 石油化学プラントの設備内部でドローンを飛行する実証事業を実施
  3. 食品衛生関係 ーChemical Times特集より
  4. ブルック転位 Brook Rearrangement
  5. 2010年化学10大ニュース【Part2】
  6. チャン転位(Chan Rearrangement)
  7. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?

注目情報

最新記事

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

PAGE TOP