[スポンサーリンク]


カルシウム

  1. カルシウムイオン濃度をモニターできるゲル状センサー

    第42回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 化学技術創成研究院(福島研究室) 石割文崇 助教にお願いしました。今回の成果は、紙おむつの吸収剤などに実用されるポリアクリル酸の特性を生かし、新しいカルシウムイオ…

  2. アルカリ土類金属触媒の最前線

    典型元素の金属種を用いる触媒化学は、遷移金属のそれと比べるとまだまだ発展途上と言える分野です。特にア…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ハロホルム反応 Haloform Reaction
  2. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  3. 現代の錬金術?―ウンコからグラフェンをつくった話―
  4. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff Reaction
  5. 3-ベンジル-5-(2-ヒドロキシエチル)-4-メチルチアゾリウムクロリド / 3-Benzyl-5-(2-hydroxyethyl)-4-methylthiazolium Chloride
  6. 抗結核薬R207910の不斉合成
  7. Nitrogen Enriched Gasoline・・・って何だ?

注目情報

最新記事

アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

中国科学院 上海有機化学研究所のChaozhong Liらは、アルキルハライドから系中生成させた炭素…

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選…

デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

PAGE TOP