[スポンサーリンク]

archives

イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩前駆体

B3958.gif


(2-ブロモエチル)ジフェニルスルホニウムトリフルオロメタンスルホナート(1)は,ビニルスルホニウムトリフラート(2)の前駆体であり,塩基による処理で容易に調製が可能です。高い求電子性を示す2は,様々な求核種1)との反応に用いることが可能であり,ホルムアミジン誘導体との反応ではイミダゾリニウムトリフラート塩が生成します2)。この反応の特徴として,かさ高い置換基を有する基質を用いた場合にも速やかに反応が進行し,高収率で目的物を与えることが挙げられます。その為,本反応はNHC配位子を合成する手法として非常に有用であるといえます。

S. P. Fritz, Synlett 2012, 23, 480.
E. M. McGarrigle, S. P. Fritz, L. Favereau, M. Yar, V. K. Aggarwal, Org. Lett. 2011, 13, 3060.

関連記事

  1. トリ(2-フリル)ホスフィン:Tri(2-furyl)phosp…
  2. 4-ベンゾイル安息香酸N-スクシンイミジル : N-Succin…
  3. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  4. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rote…
  5. エナゴ「学術英語アカデミー」と記事の利用許諾契約を結びました
  6. DAST類縁体
  7. 角田試薬
  8. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 永田試薬 Nagata Reagent
  2. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartII
  3. ケミカルバイオロジー chemical biology
  4. 【速報】2017年ノーベル化学賞は「クライオ電子顕微鏡の開発」に!
  5. 文化勲章・受章化学者一覧
  6. 多重薬理 Polypharmacology
  7. 準結晶的なナノパーティクルスーパーラティス
  8. ルーシェ還元 Luche Reduction
  9. ウォーレン有機化学
  10. キラル超原子価ヨウ素試薬を用いる不斉酸化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP