[スポンサーリンク]

archives

イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩前駆体

B3958.gif


(2-ブロモエチル)ジフェニルスルホニウムトリフルオロメタンスルホナート(1)は,ビニルスルホニウムトリフラート(2)の前駆体であり,塩基による処理で容易に調製が可能です。高い求電子性を示す2は,様々な求核種1)との反応に用いることが可能であり,ホルムアミジン誘導体との反応ではイミダゾリニウムトリフラート塩が生成します2)。この反応の特徴として,かさ高い置換基を有する基質を用いた場合にも速やかに反応が進行し,高収率で目的物を与えることが挙げられます。その為,本反応はNHC配位子を合成する手法として非常に有用であるといえます。

S. P. Fritz, Synlett 2012, 23, 480.
E. M. McGarrigle, S. P. Fritz, L. Favereau, M. Yar, V. K. Aggarwal, Org. Lett. 2011, 13, 3060.

関連記事

  1. テトラキス(トリフェニルアセタート)ジロジウム(II):Tetr…
  2. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー
  3. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  4. テトラキス[3,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル]ほう酸ナ…
  5. リチウムイオン電池 電解液の開発動向と高機能化
  6. ≪Excel演習で学ぶ≫化学プロセスにおける研究開発時のコスト試…
  7. ニュースタッフ
  8. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(py…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎
  2. 「鍛えて成長する材料」:力で共有結合を切断するとどうなる?そしてどう使う?
  3. 長寿企業に学ぶたゆまぬ努力と挑戦
  4. 酸化亜鉛を用い青色ダイオード 東北大開発 コスト減期待
  5. 世界の「イケメン人工分子」① ~ 分子ボロミアンリング ~
  6. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与
  7. 【書籍】「喜嶋先生の静かな世界」
  8. 大日本インキが社名変更 来年4月1日から「DIC」に
  9. 第16回次世代を担う有機化学シンポジウム
  10. ルドルフ・クラウジウスのこと① エントロピー150周年を祝って

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

嫌気性コリン代謝阻害剤の開発

嫌気性コリン代謝を選択的に阻害する小分子が開発された。これは、嫌気性微生物の代謝による疾患のメカニズ…

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP